FOLLOW US

引いて守る相手の攻略法は? アジア杯初戦へイメージを膨らませる南野拓実

アジアカップ初戦へ向けて調整する南野拓実

 日本代表は6日、AFCアジアカップUAE2019初戦のトルクメニスタン代表戦(9日)に向けてトレーニングを実施。練習後、MF南野拓実(ザルツブルク)が取材に応じた。

 初戦の相手、トルクメニスタンは引いて守る形からカウンターで一発を狙ってくる可能性が高いと考えられる。そんな相手を崩すために何が必要なのか。南野は、「自分たちがいいポジションでボールを繋いで、僕が真ん中で受けて前を向く。そこでしっかりチームの攻撃につなげることができればチャンスは作れると思います」と、自ら攻撃のキーマンに名乗りを上げ、イメージを膨らませる。

 続けて、「押し込んでいる状況でずっと同じテンポで(パスを)回すよりも、どこかでワンタッチを入れたり、ドリブルで一つ相手を剥がしたり、そういうところは重要になる」と一人ひとりのアイデアも不可欠だと主張。個人としては、「どれだけゴールに近い位置でボールを受けられるかというのと、多少強引にでもシュートに持っていく姿勢が重要になる」と貪欲にゴールを狙うつもりだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA