2018.06.25

日本、セネガルに先制許すも…乾貴士の初ゴールで同点に追いつく

乾貴士
同点弾を挙げた乾貴士 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が24日に行われ、日本代表セネガル代表が対戦した。

 コロンビア代表との第1戦に勝利した日本は、初戦と同じ11名でセネガル戦に臨む。一方、セネガル代表はスタメンを1名変更。マメ・ビラム・ディウフに代えて、バドゥ・エンディアイェが先発出場となった。

 11分、日本の左サイドからのクロスをエリア内で原口元気がヘディングでクリア。しかし、そのクリアボールを拾ったユネフ・サハリがシュート。GK川島永嗣がパンチングで弾き返そうとするも、これがサディオ・マネに当たりそのままゴールイン。セネガルに先制を許した。

 34分、敵陣ペナルティエリア内左に走り込んだ長友佑都が柴崎岳のパスを受けキープすると、後ろで待っていた乾貴士にボールを渡す。右にボールを持ち出すと、カーブのかかったシュートをゴール右隅に突き刺し、同点に追いつく。前半は1-1で折り返した。

【スコア】
日本代表 1-1 セネガル代表

【得点者】
0-1 11分 サディオ・マネ(セネガル)
1-1 34分 乾貴士(日本)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る