2017.05.19

U20代表のCBコンビ、冨安&中山が「かかって来いよ!」の気持ちで世界に挑む

中山雄太
対人守備の改善に取り組んできた中山(左)。冨安とのコンビでゴール前に立ちはだかる
サッカーキング編集部

 U-20日本代表のセンターバックコンビが世界へ挑む。DF中山雄太柏レイソル)と冨安健洋アビスパ福岡)。アジア最終予選で無失点優勝に大きく貢献した2人が、その実力を改めて大舞台で証明しようとしている。



 直前合宿のホンジュラス戦では課題を残した。1失点目はカウンターから。速攻のピンチに対応したDF初瀬亮(ガンバ大阪)がかわされ失点。2失点目はパスワークのミスからボールを奪われると、中山の背後にスルーパスを通された。内山篤監督が「本来はああいう失点をしてはいけない」と語るように反省点の多い内容だったが、大会前に危機感が強まったのはプラスと考えるべきだ。「まだまだだな、と感じさせられた」と振り返る中山も、「あそこでやられたことで、引き締まるものがありました」とポジティブに捉える。

 本大会でも一瞬のスキを突かれ、一対一の状態を作られることは十分にあり得る。そこでいかに食い止めることができるか。冨安は「もちろんそういった状況はあると思いますけど、世界に出て行くためには一対一で勝っていかなければいけない」と強気の姿勢で臨むつもりだ。「ビビってやっているようではいけない。逆に『かかって来いよ!』というくらいの気持ちでやっていきたい」と穏やかな口調ながら、いつになく熱い言葉が続いた。

冨安健洋

中山とコンビを組む冨安(左)。ロングフィードも武器の一つ

 これまで両センターバックが磨いてきた、対人の守備力を試される場でもある。「今年は守備に重点を置いてきた。アジアでは無失点という評価をしてもらいましたけど、世界でやれなかったら意味がないと思っています。自分が積み上げてきたものを証明できるようにやっていきたい」と中山。対人の強さ見せつつ、「攻撃の部分はどんどん出して、違いを見せていきたい」と持ち味を発揮したいところだ。

 ホンジュラス戦で世界のフィジカルやスピードを経験したことで、国際試合で戦うための1つの指標ができたはず。中山は「今はワクワクのほうが大きいですけど、絶対に緊張すると思います。試合で硬さがでないように、いい準備をして初戦を迎えたい」と静かに闘志を燃やす。アジア王者の誇りを胸に、堂々たる守備で世界の攻撃を跳ね返してもらいたい。

取材・文=高尾太恵子

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
39pt
横浜FM
36pt
川崎F
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
40pt
山形
40pt
柏レイソル
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
北九州
29pt
藤枝
28pt
Jリーグ順位をもっと見る