2014.06.25

W杯を振り返る遠藤「攻撃的な姿勢をもっと良い形で表現できれば」

遠藤保仁
ギリシャ戦後の遠藤保仁 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦。日本は1-4で敗れ、1分け2敗の勝ち点1でグループリーグ敗退が決まった。

 試合後、遠藤保仁が以下のように今大会を振り返った。

 遠藤は、「グループリーグ敗退ということで、自分たちの目標にしていたところではないですけど、高いモチベーションと諦めない気持ちでやっていたとは思う。そこはそこで評価しても良いとは思いますけど、結果が出なかったので、残念です」と、コメント。「自分たちが持っているものを全て出せたとは思っていないですけど、それを出せなかったことに課題があると思っているので。攻撃的な姿勢をこういう大会でも前面に出すというところは、意思統一はできていた。もっと良い形で表現できれば良かったと思います」と、話した。

 ベンチから戦況を見つめたコロンビア戦については、「良い入り方はできていたと思います。先に点を取られてしまったけど。前半は良い形で試合を進められたと思うので、よく同点にも追いつきましたし、良い流れかなとは思っていました」と、話し、この4年間を振り返って、「いろいろなところで良いチャレンジができたと思いますし、最後はこういう形で終わりましたけど、日本のサッカーをそれなりに示せたかなと。これに満足することなく、さらに世界で評価されるように前進していきたいと思います」と、語った。

 そして、「日本らしい独自のスタイルを作ることも非常に重要だと思う。若い選手も良い選手がいますし、ベテランもさらなる努力をして、チームが良いバランスで良い戦いをずっとできるように、選手全員が努力してやっていかなければいけないと思います」と、今後を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ボルシアMG
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る