2014.05.27

W杯まで残り2試合…長友「連携高めないと、強豪に通用しない」

長友佑都
ドリブルを仕掛ける長友 [写真]=兼子愼一郎

「キリンチャレンジカップ2014」が27日に開催され、日本代表とキプロス代表が対戦。太ももの負傷から公式戦約4か月ぶりの復帰戦となった内田篤人が前半終了間際に決めた先制点により、日本代表が1-0で勝利した。

 試合後、後半途中まで出場した長友佑都は、以下のようにコメントしている。

――試合を振り返って。
「キャンプでフィジカルのトレーニングがすごくできたので。今日はなかなか大変な試合でしたけど、ワールドカップに向けてコンディションを合わせていきたいと思います」

――手ごたえは?

「ワールドカップはもっと厳しい戦いになると思うので、コンディション面とメンタル面をしっかりと準備をして臨みたいと思います」

――課題は?

「攻撃のアイデアの部分、連動の部分。そこはもっと連携を高めていかないと、強豪相手には通用しないと思うので」

――足のけがは?

「大丈夫です」

――ワールドカップに向けて。

「勝つことしか考えていないので、皆さんの応援と期待を背負って、いい準備をして最高の戦いをしたいと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る