2019.10.06

なでしこ主将・熊谷、大勝したカナダ戦の無失点は「大きな成果」

手応えを語った熊谷 [写真]=金田慎平
サッカー総合情報サイト

 6日に行われた国際親善試合で日本女子代表がカナダ女子代表と対戦した。4-0で快勝した試合について、キャプテンを務めたDF熊谷紗希がコメントした。

 ミックスゾーンでインタビューに応じた熊谷は、「もうちょっと詰めなきゃいけないところはあるとは思いますけど、いい時間帯に点が取れて先制できて、守備も最後まで切らさずにゼロで抑えられたことは大きな成果かなと思います」と振り返った。

 この試合は、ワールドカップ(W杯)後のリスタートとなった。来年行われる東京オリンピックに向けて期することについて問われた同選手は「W杯の悔しさを知っているメンバーが多い中、世界と戦うためには、いい意味での反省というか、いい意味でW杯に向けての準備の仕方と同じことをやっていてもダメだなと全員が分かっていたので、その意味でもこういった1試合1試合が大事になってくるなというのと、チームとしてもやろうとしていることをすごく明確にしてこの試合に臨んだ。その意味ではエラーもあったり、カナダのコンディションどうこうも少しあったかもしれないですけど、自分たちのトライはできたかなと思っています」と応じ、将来へのビジョンと試合への準備を明かしている。

 大量得点もさることながら、無失点に抑えたこの試合で、「失点ゼロの手応え」についての質問には次のように答えている。

「やられた感じは自分たちもほぼなかったのと、簡単なミスから失って状況が悪くなったところはありましたけど、もう少し、仮に攻められても、後ろがバタバタしないで守れたらな、というのが今日の反省点かなと思った。やられてはいないですけど、少し後ろが落ち着きがなかったなと思うところが少しあったので、そこは反省して、横、縦の関係、連係を含め、もっともっと良くなっていくかなと思います」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
78pt
横浜FC
73pt
大宮
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング