FOLLOW US

鹿島、MF荒木遼太郎とMF名古新太郎の負傷について発表…治療期間は約3カ月

椎間板ヘルニアの治療を受けた荒木遼太郎 [写真]=兼子愼一郎

 鹿島アントラーズは26日、MF荒木遼太郎、MF名古新太郎の負傷について発表した。

 荒木は4月23日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第5節大分トリニータ戦後に、腰痛とでん部痛を発症。チームドクターによる検査で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、26日に椎間板溶解術(コンドリアーゼ注射) を行った。治療期間は約3か月が見込まれている。

 現在20歳の荒木は今シーズン、明治安田生命J1リーグの8試合とルヴァン杯の4試合に出場している。

 一方、名古は昨年12月に左腓骨筋腱亜脱臼に伴う手術を行い、リハビリを続けていた。しかし、負傷箇所が完治に至らないため、25日に再手術を受けた。治療期間は約3カ月が見込まれている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO