FOLLOW US

長崎、松田浩新監督就任を発表…吉田孝行監督はアシスタントコーチに

 V・ファーレン長崎は3日、今シーズンの成績などを総合的に判断し、吉田孝行監督に代わって、現アカデミーダイレクターの松田浩氏が新しく監督を務めることを発表した。

 長崎は明治安田生命J2リーグ第11節終了時点で4勝2分け5敗、勝ち点「14」で11位。昇格圏内となる2位とは勝ち点差「14」となっていることから、監督交代を決断した。新監督に就任した松田氏はJリーグ登録手続き完了次第、5月9日に行われる第13節のギラヴァンツ北九州戦より指揮を執るという。なお、吉田氏は今後トップチームのアシスタントコーチとして引き続きチームに関わり、後任のアカデミーダイレクターには現アカデミーヘッドオブコーチングの森保洋が兼務することも発表されている。

 現在44歳の吉田氏は現役時代には横浜F・マリノスや大分トリニータ、ヴィッセル神戸などでプレーした。引退後は神戸でコーチやヘッドコーチ、監督などを歴任。2020年からは長崎のコーチを務め、2021シーズンから長崎の指揮官に就任していた。

 また、新監督に就任した現在60歳の松田氏は、ヴィッセル神戸やアビスパ福岡、栃木SCなどで監督を歴任後、2018年から長崎の育成部長兼アカデミーダイレクターを務めていた。

 監督交代を受け、長崎のクラブ公式サイトで以下のようにそれぞれのコメントが発表されている。

■吉田孝行監督コメント
「V・ファーレン長崎に関わるすべての皆さま、いつもV・ファーレン長崎をサポートしていただきありがとうございます。今シーズン、『J1昇格』というクラブの目標に対して、思うような結果を出すことができず、申し訳なく思っていますし、責任を感じています。立場は変わりますが、これからもV・ファーレン長崎の『J1昇格』のために、全力で邁進していきます。今後とも、変わらぬサポートをよろしくお願いいたします」

■松田浩新監督コメント
「この度、V・ファーレン長崎で指揮を執らせていただくことになりました松田です。私の故郷でもある長崎で監督としてお役に立てることをとても幸せに思います。 攻守にわたり意思統一を図り、チーム全員の力を結集して、目標であるJ1昇格に向けて全力で頑張っていきたいと思っております。引き続き、ご声援のほど、よろしくお願いいたします」

■代表取締役社長 髙田春奈コメント
「今シーズン新監督のもと、J1昇格を目指して戦ってまいりましたが、残り31節となった現時点で今できる最善の策は何かとみんなで考え、このような結論に至りました。昨年の3位の成績に吉田現監督の力があったことは紛れもない事実であり、引き続きその力を発揮してもらえることを心強く思います。また、経験が豊富で長崎愛に溢れる松田新監督の監督就任は、必ず選手、スタッフはもちろんのこと、ファン・サポーターの皆様、あらゆるステークホルダーの皆様の希望の光となると考えます。厳しい状況であることに変わりはありませんが、自分達を信じ、仲間を信じ、目の前の一戦一戦にチャレンジしていく姿勢でぶつかって参ります。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします」

■ジャパネットホールディングス代表取締役社長兼CEO兼V・ファーレン長崎取締役(強化担当) 髙田旭人コメント
「11試合終了時点で4勝5敗2分、これはV・ファーレン長崎に関わる誰もが納得していない結果だと思います。スポーツを通して長崎を元気にするという目標に向かう中で、今のこの状況を申し訳なく思っています。
今シーズンのJ1昇格、来シーズン以降でのJ1定着〜J1優勝という目標を実現すべく、このタイミングで吉田監督を交代し、これまで長崎のアカデミーを長く一緒に作ってくれた松田監督に託すという判断をしました。また、吉田監督にはチームに残り松田新監督を支え、一緒に昇格を目指してもらうことを打診し、快諾いただきました。
私はサッカーには夢や愛があるべきだと思います。残念ながらチームが勝てない時にはそのこと自体が否定されることもありますが、がむしゃらに戦う選手・スタッフの想いや気持ちまでが否定されてほしくありません。夢を一緒に追いかけて下さるスポンサー各位、自分のことのようにチームを応援してくださる長崎の温かいサポーターのみなさんと一緒に、残り31試合を前向きに本気で取り組んでいきたいです。今は、夢の途中です。V・ファーレン長崎が新型コロナウイルスという見えない敵に打ち勝つ力となれるよう関係者全員で全力を尽くしたいと思います」

■キャプテン 秋野央樹、副キャプテン カイオ・セザール、ルアン、毎熊晟矢コメント
「今回の吉田監督の件について、プレーしているのは僕たち選手なので、選手一人ひとり責任を感じています。今シーズンなかなか結果も出ていないこと、不甲斐ないプレーがあったこと、ファン・サポーターの皆さんには本当に申し訳ない気持ちです。 しかし、選手は誰一人下を向いていませんし、今シーズンのJ1昇格を諦めていません。 この監督交代を機にもう一度自分たちのプレーを見つめ直し、初心にかえって練習や試合に臨みます。
このような状況で言う立場にはないことは重々承知していますが、日頃から応援していただいているファン、サポーターの皆さんにお願いがあります。僕たちを熱くサポートして下さい。僕たちに力を下さい。今この状況を変えるには、監督やスタッフ、選手の力と、サポーターの皆さんの力が必要です。V・ファーレン長崎に関わるすべての方がひとつになり、この状況を変えたいです。よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO