FOLLOW US

富山、遠藤善主氏の強化部長就任を発表「歓び、感動、興奮を届けられるチーム作りを…」

 カターレ富山は3日、強化部長に遠藤善主氏が就任することを発表した。

 現在50歳の遠藤氏は現役時代にはNKKサッカー部、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、ヴァンフォーレ甲府、佐川急便大阪SCでプレー。現役引退後は佐川急便大阪SCの監督やアローズ北陸のヘッドコーチを務めたほか、2008年〜09年は富山のヘッドコーチ、2009〜11年は富山の強化部スカウト担当、2012年〜15年は富山の地域・普及ダイレクター、強化部マネージャーを歴任し、2013年からはJFAナショナルトレセンコーチを務めていた。

 強化部長に就任した遠藤氏はクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「この度、カターレ富山の強化部長に就任することになりました遠藤善主です。2008年のクラブ創設時からトップチーム、強化担当、育成と8年間在籍したクラブで、また活動出来ることに感謝と強い責任を感じています。今シーズンは残り4試合となりましたが、最後までJ2昇格を目指しチーム一丸となって戦っていきます。ファン・サポーター・スポンサーの皆様、カターレ富山に関わる全ての皆様に歓び、感動、興奮を届けられるチーム作りを目指します。どうぞよろしくお願いいたします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO