2019.12.01

田中マルクス闘莉王が現役引退を発表…最も印象的なシーンは「コマちゃんのPK」

田中マルクス闘莉王が引退を発表。会見に中澤佑二氏と楢崎正剛氏がサプライズ登場した
サッカー総合情報サイト

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王が12月1日、2019シーズンをもって現役引退することを発表した。

 現在38歳の闘莉王はブラジル出身で、渋谷幕張高校卒業後の2001年にサンフレッチェ広島へ加入した。その後水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、2004年からは浦和レッズで活躍。J1リーグ優勝やAFCアジアチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、2006年にはJリーグ最優秀選手賞(MVP)に輝いた。2010年からは名古屋グランパスでプレーし、同クラブ初のJ1リーグ優勝を達成。2016年1月には一度退団してブラジルに帰国したものの、同年8月に名古屋へ復帰。契約満了に伴い、2017シーズンから京都でプレーしていた。今季は明治安田生命J2リーグで30試合に出場していた。2003年に日本国籍を取得後、日本代表として2004年のアテネオリンピックに出場。2006年にA代表に初選出されると、2010年南アフリカ・ワールドカップでは全4試合に出場し、日本代表2年ぶりのベスト16進出に大きく貢献した。

 都内で行われた会見に登場した闘莉王は、「今日をもちまして、あっという間の19年間のプロ生活を引退します。たくさんの人たちに、ファンに、サポーターに、こんな人間を支えていただき、感謝の気持ちで心がいっぱいです。本当にありがとうございます」とコメント。自らの口から現役引退を表明し、感謝の言葉を述べた。さらに、引退を決意した経緯については、以下のように説明した。

「広島に入団した当時、『今までにないDF』になりたいと、守りだけでなく攻めを意識してやってきた。そのときに1つ決めていたことがあって、いつか自分の中の“炎”が消えかかりそうになったら、年齢は関係なく引退しようと。サッカーに失礼がないようにと決めていた。去年の終わり頃に少しそれを感じて、引退しなきゃいけないなと。最後の1年を今まで敵として戦ってきた相手チームのサポーターへ挨拶をしたいなと。サッカーへは当然ですが、少しでも感謝の気持ちを伝えたかったので、今年を最後のシーズンにしようと思っていた。消えかかった炎を最後のエネルギーに変えて1年やりました。去年の終わりくらいから決めていました」

 また、現役時代に最も印象的だった瞬間には、南アフリカW杯・決勝トーナメント1回戦、PK戦の末に敗れたパラグアイ戦を挙げた。

「ワールドカップのパラグアイ戦のコマちゃん(駒野友一)がPKを外した瞬間がすごく印象に残ってて。次のキッカーが自分だったので、自分のとこまで回ってきてたらどうだったんだろう?と。それも神様の嫌がらせかなと。外すなら自分で良かった。蹴られなかったことで、どれだけの夜を寝ずに過ごしただろうか。あのPKをどれだけ蹴りたかったか。結末を見られずに終わったあの瞬間が印象的ですね」

 引退後の予定については「今後のことは考えていないです。ブラジルに帰ってビールをたくさん飲んで、肉をたくさん食べて、10㎏くらい太って、みんなに喜んでもらえればと思います(笑)」と笑顔で語った。

 会見の最後には楢崎正剛氏と中澤佑二氏がサプライズで登場。闘莉王へ花束を手渡し、日本代表やクラブでともに戦った盟友の労をねぎらった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る