FOLLOW US

山口に4年所属のDF廣木雄磨、岡山へ完全移籍「精一杯ハードワークします」

2015年から山口でプレーしていた廣木雄磨 [写真]=Getty Images

 レノファ山口FCに所属するDF廣木雄磨が、ファジアーノ岡山へ完全移籍で加入することが決まった。13日に両クラブが発表している。

 廣木は1992年生まれの26歳。FC東京の下部組織出身で、U-15むさしからU-18を経て東京学芸大学に進学し、2015年に山口へ加入。今季は明治安田生命J2リーグで11試合に出場した。キャリア通算では、明治安田生命J2リーグで58試合出場、明治安田生命J3リーグで27試合出場、天皇杯で2試合出場を記録している。

 完全移籍にあたり、廣木は山口の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「大学卒業からこれまでの4年間、本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。1年目は仕事をしながらと山口のたくさんの方々のサポートがあり、サッカーを続けることができました。そして、山口の温かい、ファン・サポーターの方々の声援はいつも力になりました。また維新で皆様に少しでも成長した姿を見せられるように走り続けたいと思います。自分を支えてくださった皆様、本当にありがとうございました」

 また、加入する岡山に対しては公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「このたび、レノファ山口FCから加入しました廣木雄磨です。岡山で、皆さんと共に戦えることを誇りに思います。チームの勝利に貢献できるように、そして、J1昇格に向けて、攻守に渡って精一杯ハードワークします。応援をよろしくお願いします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO