FOLLOW US

プーマが川崎フロンターレとセレッソ大阪の2019シーズンキットを発表

2018.12.01


 プーマ川崎フロンターレは“川崎の鼓動(パルス)”というモットーのもと、新シーズンに向けてのユニフォームキットを発表した。

 ホームシャツには伝統的なフロンターレブルーをベースカラーに採用。ヘザー調のベースカラーはサポーターのエナジーを表現され、胸部分には“川崎の鼓動(パルス)”を表現したグラフィックが施され、90分を通じて上がり続けるスタジアムのボルテージを表している。フロンターレのイニシャル“F”と調和されたこのパルスグラフィックは“等々力劇場”からインスパイアされている。

 肩から袖にかけて施されたプーマの伝統的なアパレルフォームストライプにはヘザー調のブラックカラーを採用。新しいキットの販売予定は、クラブとプーマの公式サイト、公式SNSアカウントで順次発表される。

* * * * *

 プーマセレッソ大阪は“大阪と堺の鼓動(パルス)”というモットーのもと、新シーズンに向けてのユニフォームキットを発表した。

 ホームシャツには伝統的なセレッソピンクをベースカラーに採用。前面部分には“大阪と堺の鼓動(パルス)”を表現したグラフィックが施され、グラフィックは“V”の文字をモチーフとすることで、サポーターとともに“VICTORY(勝利)”を目指すことを表している。このグラフィックはヘザー調のカラーで施され、サポーターのエナジーが表現されている。

 肩から袖にかけて施されたプーマの伝統的なアパレルフォームストライプには、ヘザー調のネイビーカラーを採用。新キットの販売はクラブとプーマの公式サイト、公式SNSアカウントで順次発表される。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO