2018.11.04

川崎、柏に完勝で連覇に王手…神戸はポドルスキの2発で名古屋を下す/J1第31節

川崎
連覇に王手をかけた川崎 [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第31節が、10月31日、11月2日から4日にかけて各地で行われた。



 首位を快走する川崎フロンターレはホームで柏レイソルと対戦。21分に相手守備陣を崩し、家長昭博が先制点を奪う。33分、89分と追加点を挙げ、後半に小林悠が負傷交代するというアクシデントに見舞われながらも、3-0で勝利。連覇に王手をかけている。

 一方、2位サンフレッチェ広島は敵地でジュビロ磐田と対戦。31分、59分と2点をリードしたものの、川又堅碁の65分のゴールを皮切りに、80分、90+8分と3点を奪われ、逆転負けを喫している。

 残留を争う名古屋グランパス対ヴィッセル神戸の一戦は、アンドレス・イニエスタの鮮やかなパスからルーカス・ポドルスキがジャンピングボレーで神戸が先制する。ホームの意地を見せたい名古屋が後半開始早々の46分に玉田圭司のゴールで振り出しに戻すも、85分にポドルスキの強烈シュートで勝負あり。神戸が勝ち点3を積み上げた。

 今節の結果は以下のとおり。

■J1第31節全結果
鹿島アントラーズ 1-0 セレッソ大阪
湘南ベルマーレ 0-0 清水エスパルス
川崎フロンターレ 3-0 柏レイソル
横浜F・マリノス 0-1 FC東京
ジュビロ磐田 3-2 サンフレッチェ広島
名古屋グランパス 1-2 ヴィッセル神戸
浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪
北海道コンサドーレ札幌 1-0 ベガルタ仙台
サガン鳥栖 1-0 V・ファーレン長崎

■J1順位表
1位 川崎(勝ち点63/得失点差+28)
2位 広島(勝ち点56/得失点差+14)
3位 札幌(勝ち点51/得失点差-1)
4位 FC東京(勝ち点49/得失点差+8)
5位 鹿島(勝ち点49/得失点差+7)
6位 浦和(勝ち点45/得失点差+11)
7位 清水(勝ち点44/得失点差+6)
8位 C大阪(勝ち点44/得失点差+3)※1試合未消化
9位 G大阪(勝ち点42/得失点差-5)
10位 仙台(勝ち点42/得失点差-7)
11位 神戸(勝ち点40/得失点差-8)
12位 磐田(勝ち点40/得失点差-10)
13位 横浜FM(勝ち点38/得失点差+1)
14位 湘南(勝ち点37/得失点差-5)
15位 鳥栖(勝ち点36/得失点差-6)
16位 名古屋(勝ち点34/得失点差-7)※1試合未消化
17位 柏(勝ち点33/得失点差-11)
18位 長崎(勝ち点29/得失点差-18)

■J1第32節対戦カード(11月6日、10日) 
▼11月6日
19:00 柏 vs 鹿島

▼10日
14:00 札幌 vs 浦和
14:00 FC東京 vs 磐田
14:00 清水 vs 名古屋
14:00 C大阪 vs 川崎
14:00 神戸 vs 鳥栖
14:00 広島 vs 仙台
14:00 長崎 vs 横浜FM
15:00 G大阪 vs 湘南

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る