2018.05.13

首位の大分、土壇場ゴールで勝ち点3を獲得…山口は乱打戦を制する/J2第14節

J2
J2第14節が各地で行われた [写真]=J.LEAGUE
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J2リーグ第14節が12日から13日にかけて行われた。

 首位を走る大分トリニータは、FC岐阜と対戦した。前半のうちに先制を許した大分だったが、48分に伊佐耕平のゴールでスコアをタイに戻す。そして試合終了間際、三平和司がこぼれ球を押し込んで逆転に成功。首位の座をがっちりキープした。

 2位のレノファ山口は、東京ヴェルディをホームに迎えた。2点を先行されて迎えた71分、オナイウ阿道がボレーシュートを叩き込み点差を縮めると、82分、84分と立て続けにゴールを奪う。そして、両チームとも試合終了直前にゴールを決め、最終スコア4-3で山口が勝ち点を27まで伸ばした。

 今節の結果は以下の通り。

■J2第14節
横浜FC 4−2 ロアッソ熊本
ヴァンフォーレ甲府 2−1 栃木SC
松本山雅FC 5−0 ツエーゲン金沢
アビスパ福岡 2−0 愛媛FC
ジェフユナイテッド千葉 1−2 アルビレックス新潟
レノファ山口 4−3 東京ヴェルディ
徳島ヴォルティス 1−0 京都サンガF.C.
モンテディオ山形 1−1 大宮アルディージャ
水戸ホーリーホック 3−0 ファジアーノ岡山
大分トリニータ 2-1 FC岐阜
FC町田ゼルビア 3-0 カマタマーレ讃岐

■J2順位表
1位 大分(勝ち点30/得失点差+12)
2位 山口(勝ち点27/得失点差+6)
3位 福岡(勝ち点26/得失点差+8)
4位 町田(勝ち点25/得失点差+9)
5位 岡山(勝ち点25/得失点差+5)
6位 横浜FC(勝ち点23/得失点差+1)
7位 松本(勝ち点21/得失点差+6)
8位 新潟(勝ち点20/得失点差+1)
9位 徳島(勝ち点20/得失点差0)
10位 栃木(勝ち点19/得失点差−4)
11位 甲府(勝ち点18/得失点差+3)
12位 東京V(勝ち点18/得失点差+2)
13位 水戸(勝ち点18/得失点差+1)
14位 大宮(勝ち点18/得失点差0)
15位 金沢(勝ち点18/得失点差-1)
16位 千葉(勝ち点17/得失点差−4)
17位 熊本(勝ち点17/得失点差−7)
18位 岐阜(勝ち点16/得失点差-1)
19位 山形(勝ち点16/得失点差-2)
20位 讃岐(勝ち点10/得失点差-12)
21位 愛媛(勝ち点10/得失点差-12)
22位 京都(勝ち点9/得失点差-10)

■J2第15節対戦カード(18日、19日、20日)
▼18日
19:00 岡山 vs 東京V

▼19日
16:00 大宮 vs 岐阜

▼20日
13:00 熊本 vs 水戸
14:00 栃木 vs 町田
14:00 横浜FC vs 千葉
14:00 松本 vs 福岡
14:00 新潟 vs 山形
14:00 金沢 vs 徳島
14:00 讃岐 vs 甲府
14:00 大分 vs 山口
17:00 愛媛 vs 京都

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る