FOLLOW US

2014年W杯オーストラリア代表MFがJリーグ加入? 甲府移籍が有力か

メルボルン・ヴィクトリーで練習に励むボザニッチ [写真]=Scott Barbour/Getty Images

 オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーに所属するMFオリヴァー・ボザニッチが、Jリーグのチームに加入する可能性が浮上しているという。13日、オーストラリア紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』が伝えている。

 現在28歳のボザニッチは2014年、アンジェ・ポステコグルー監督率いるオーストラリア代表として、ブラジル・ワールドカップに出場。これまで代表戦7試合に出場した経験があり、セントラルコースト・マリナーズなどの国内クラブやスイスのルツェルンでのプレー経験を持つ。

 ボザニッチは中盤のさまざまなポジションをこなすプレーヤー。中でも守備的な役割を得意とするが、昨年11月のウェスタン・シドニー戦では得点もマークしている。11日に行われたパース・グローリー戦には出場しておらず、動向に注目が集まっている。

 韓国のKリーグや中国のスーパーリーグへの移籍可能性も報じられていたが、現時点ではヴァンフォーレ甲府への加入が有力視されているようだ。甲府は開幕戦でガンバ大阪と1-1で引き分けたものの、第2節で鹿島に0-1、第3節では浦和に1-4で敗れ、ここまで勝ち星なし。16位に沈んでおり、今回の補強に期待が高まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO