FOLLOW US

G大阪から期限付き移籍中のFW赤嶺真吾、岡山への完全移籍が決定

完全移籍で来季以降も岡山でプレーすることが決まったFW赤嶺慎吾 [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪から期限付き移籍中のファジアーノ岡山FW赤嶺真吾が、同クラブへ完全移籍で加入することが決まった。28日に両クラブが発表している。

 赤嶺は1983年12月8日生まれの33歳。鹿児島実業高校から駒澤大学に進学し、2006年にFC東京でプロキャリアをスタートさせた。2010年8月にベガルタ仙台へ期限付きで移籍すると翌年には同クラブへ完全移籍。在籍した約4年半では、J1で44得点を記録した。2015年にG大阪へ完全移籍したが、13試合の出場で無得点に終わり、今季より岡山へ期限付き移籍していた。今季の成績はJ2で41試合出場4得点。J1昇格プレーオフ準決勝・松本山雅FC戦では決勝ゴールをマークした。

 赤嶺は岡山の公式HPにコメントを発表。「チームのJ1昇格に貢献できるように全力で頑張ります。熱いご声援よろしくお願いします」と悲願のJ1昇格に向けて意気込みを見せている。

 また、同選手は退団するG大阪の公式HPにも別れのメッセージを寄せている。

「一年間という短い期間でしたが、応援ありがとうございました。チームの勝利に貢献できなかったのが悔しいですし、申し訳ありません。ここからまた成長していけるように頑張ります。本当にありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA