2016.12.04

痛恨ドローを悔やむバルサFWスアレス「2-0にしないとこうなる」

スアレス
バルセロナはスアレスのゴールを守りきれず、痛恨の引き分けに終わった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第14節が3日に行われ、バルセロナはレアル・マドリードとの“エル・クラシコ”をドローで終えた。試合後、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 勝ち点6差でレアル・マドリードを追いかけるバルセロナにとっては、ホームで迎える今回の大一番はなんとしても勝利がほしい一戦だった。

 だが、53分にスアレスのゴールで先制したバルセロナは、その後訪れた決定機をブラジル代表FWネイマールやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めきれずにいると、90分に痛恨の失点。このまま1-1の引き分けに終わり、勝ち点2を失う結果となった。

 先制ゴールを挙げたスアレスは、「2-0にしないと、こういうことになる」と、追加点のチャンスを逃したことを嘆いた。

 続けて、「僕らはホームでもっと強くならないといけない」と、本拠地カンプ・ノウでの試合で改善が必要だと主張し、「僕らがやらなければならないのは戦いを続けること。そして、レアル・マドリードが勝ち点を落としていくのを待つことになる」と、今後へ向けて気持ちを切り替えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る