FOLLOW US

首位札幌がJ1復帰に王手、清水が初の2位浮上…熊本ら残留決定/J2第41節

5年ぶりのJ1復帰に王手をかけた札幌の選手たち ©J.LEAGUE PHOTOS

 2016明治安田生命J2リーグ第41節が12日に各地で行われた。

 首位の北海道コンサドーレ札幌は、敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦。札幌は31分に千葉の町田也真人に先制点を許したが、71分に都倉賢のゴールで同点に追いつく。このままドローで終了かと思われた後半アディショナルタイム5分、内村圭宏のゴールで逆転に成功。2-1で2試合ぶりの勝利を収めた札幌が、5年ぶりのJ1復帰へ王手をかけた。
 
 16試合負けなし、3連勝で2位につける松本山雅FCは、敵地で7位FC町田ゼルビアと対戦。試合は序盤からホームの町田が攻勢に出ると、12分に中島裕希のゴールで先制に成功する。さらに前半アディショナルタイム1分には仲川輝人のゴールで町田が追加点を挙げる。後半に入ると松本が盛り返し、66分に高崎寛之が得点して1点差に迫ったが、最後まで同点に追いつくことはできず。町田が2-1で松本を下した。松本にとっては7月20日の札幌戦以来の黒星となった。

 逆転でのJ1自動昇格を目指す3位清水エスパルスは、ホームに6位のファジアーノ岡山を迎えた。清水は16分に岡山DF岩政大樹のオウンゴールで先制に成功すると、33分には鄭大世の7試合連続ゴールで追加点を奪取。しかし、後半に入り岡山に押し込まれると、66分に豊川雄太のゴールで1点差に詰め寄られた。清水はその後も岡山の猛攻を受けたが、GK植草裕樹を中心に守りきり、2-1でリーグ戦8連勝を飾った。

 この結果、首位は札幌、自動昇格圏内の2位に得失点差で清水が浮上し、松本は3位に転落した。最終節で札幌は引き分け以上でJ1昇格、J2優勝が決まる。清水と松本の得失点差は18離れているため、清水は白星を挙げれば実質的に2位が確定する。

また、J2残留争いではロアッソ熊本、モンテディオ山形、東京ヴェルディ、カマタマーレ讃岐の残留が決定。FC岐阜、ギラヴァンツ北九州、ツエーゲン金沢の3チームに降格の可能性が残った。

 今節の結果は以下のとおり。

■J2第41節結果
▼11月12日
ジェフユナイテッド千葉 1-2 北海道コンサドーレ札幌
横浜FC 0-0 ツエーゲン金沢
レノファ山口FC 2-2 モンテディオ山形
FC町田ゼルビア 2-1 松本山雅FC
京都サンガF.C. 0-1 愛媛FC
ギラヴァンツ北九州 2-2 水戸ホーリーホック
ロアッソ熊本 1-0 FC岐阜
ザスパクサツ群馬 0-3 徳島ヴォルティス
清水エスパルス 2-1 ファジアーノ岡山
東京ヴェルディ 1-2 セレッソ大阪
V・ファーレン長崎 1-2 カマタマーレ讃岐

■J2第41節順位表
1位 札幌(勝点84/得失点差32)
2位 清水(勝ち点81/得失点差47)
3位 松本(勝ち点81/得失点差29)
4位 C大阪(勝ち点75/得失点差15)
5位 京都(勝ち点66/得失点差11)
6位 岡山(勝ち点64/得失点差14)
7位 町田(勝ち点62/得失点差8)
8位 横浜FC(勝ち点59/得失点差0)
9位 徳島(勝ち点57/得失点差5)
10位 愛媛(勝ち点56/得失点差2)
11位 千葉(勝ち点52/得失点差-1)
12位 山口(勝ち点50/得失点差-10)
13位 水戸(勝ち点48/得失点差-2)
14位 長崎(勝ち点47/得失点差-10)
15位 熊本(勝ち点46/得失点差-14)
16位 山形(勝ち点44/得失点差-9)
17位 群馬(勝ち点44/得失点差-16)
18位 東京V(勝ち点43/得失点差-16)
19位 讃岐(勝ち点42/得失点差-19)
20位 岐阜(勝ち点40/得失点差-26)
21位 北九州(勝ち点38/得失点差-18)
22位 金沢(勝ち点38/得失点差-24)

■J2第最終節(42節)対戦カード
▼11月20日
札幌vs金沢
山形vs北九州
水戸vs山口
松本vs横浜FC
岐阜vs東京V
C大阪vs熊本
岡山vs群馬
讃岐vs千葉
徳島vs清水
愛媛vs町田
長崎vs京都

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO