2016.08.19

【予想スタメン】無敗を保つ横浜FM、今節も中村は欠場か FC東京は五輪帰りの室屋が先発濃厚

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節
8月20日 19:00 FC東京 vs 横浜F・マリノス(@味の素スタジアム)

■FC東京 前節は神戸に完敗、高橋の復帰はプラス材料

 前節の前半は攻撃陣の連動性に加え、今季初先発の野澤英之が攻守によく絡み、ここまでのベストともいえる内容でヴィッセル神戸を圧倒した。前田遼一がJ1通算150ゴールをマークし、先制したが、後半は内容が一変。選手交代とシステムを変更により、修正を施した神戸に対して防戦一方となった。

 現在のチームが掲げるスタイルは、積極的に前線からプレスを掛けていくものだが、「リードした後にも、攻撃陣は前からプレスを掛けたい。ディフェンス陣は少し引いて守りたい。そこの意思疎通が図れずに、中盤に大きなスペースができてしまった」と東慶悟は省みる。

 その敗戦を引きずらず、立て直しのためには、ピッチの中でバラバラにならず、共通意識を持って戦うことが必要だ。試合をコントロールするためにも、出場停止から戻った高橋秀人のパフォーマンスがカギになるはずだ。

 また、リオ五輪日本代表の中島翔哉、室屋成がチームに合流。篠田新監督の下で初練習を行なったが、ともにリーグ戦に切り替え、コンディションも良い状態だ。室屋が「監督が掲げるアグレッシブなスタイルと、自分の特徴は合っていると思う。自分の持ち味を積極的に出して、Jリーグで活躍したい」と意気込みを見せれば、篠田善之監督も「彼らが五輪で得た経験を東京のために生かしてほしい」と期待を寄せる。特に守備陣はここ2試合で6失点を喫しているため、室屋を右サイドバックに、徳永を左に配することで堅守を取り戻したい。(totoONE編集部)

■横浜F・マリノス 前節で貴重な勝ち点1を獲得、今節は喜田の代役に期待

 前節のホーム大宮アルディージャ戦は、後半アディショナルタイムという土壇場の時間帯で追いついた横浜FM。それも退場者が出て10人で勝ち点1をもぎ取ったことは価値がある。カイケの左クロスを頭で合わせて値千金のゴールを奪い、2ndステージ無敗を守った立役者のファビオは「チャンスがある限り、タイトルを狙う」と宣言。2ndステージの順位は5位へと下がったが、首位浦和とは勝ち点「6」差だ。粘り強さが出てきたチームは前を向いて連勝を狙う。

 大宮戦では左中足骨の負傷を押して齋藤学がフル出場した。齋藤自身は6試合ゴールがないが、鋭いドリブル突破で何度もチャンスを作ってはいる。ただ、先週末の時点でエリク・モンバエルツ監督が「リハビリの段階」とその状況を説明した大黒柱の中村俊輔の復帰は、今週も微妙な状況だ。背番号10がいない間、トップ下で奮闘している天野純は前節も惜しい左足シュートを放った。得点の匂いは漂っている。そして、今節は喜田拓也が前節の一発退場を受けて出場停止となる。今季は不動のボランチとして守備面で貢献してきた男が不在。攻守のバランスを崩すようだと試合は難しくなる。代役は1stステージで高いパフォーマンスを見せていたパク・ジョンス。11試合ぶりの先発出場となるが、前半戦と同じく喜田の穴を埋めたい。

 今節で対戦するFC東京とは直近のアウェー戦で3戦無敗(1勝)。1点で勝敗が決まることが多く、先制点がほしい。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る