FOLLOW US

【予想スタメン】不調が続く磐田、G大阪攻撃陣を抑えられるか…GKには八田を起用か

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節
8月13日 19:00 ジュビロ磐田 vs ガンバ大阪(@エコパスタジアム)

■ジュビロ磐田 2ndステージは勝利なし、今節は主力2人が出場停止

 磐田は前節のFC東京戦で2度のリードを守れなかった。2試合連続の逆転負けで、7試合勝ちなし。2ndステージは厳しい戦いが続く。

 試合運びが大きな課題だ。2ndステージは4試合で先取点を挙げたが、勝ち点3に結びつけられていない。特にリードした場面で、攻め急いだり、不用意なミスを犯したりするプレーが目立つ。試合の入りは良いだけに、終盤の勝負どころでゲームを落ち着かせることのできる選手が出てきてほしいところだ。今節は攻守で絶妙なバランスを保つ宮崎智彦と、守備の要のパパドプーロスが出場停止。主力2人の不在は痛い。

 FC東京戦は敗れたが、好材料は多かった。テンポの良いパス回しで相手ゴールに迫り、連動した攻撃を見せた。後半早々に3バックから4バックにシステムを変えてもスムーズに対応。チームの進化を窺わせた。さらに、2ndステージ初の複数得点。ムードメーカーでもあるFW森島康仁の今季初ゴールと、攻撃の要を担う小林祐希の11試合ぶりの得点は、今後に勢いをもたらすだろう。前節ベンチを外れたジェイもメンバー入りする可能性が高い。GKは八田直樹が起用される見通し。磐田一筋のベテランが豊富な経験でチームの窮地を救えるか。(totoONE編集部)

■ガンバ大阪 前節は終了間際に長沢が決勝弾、ボランチ起用の遠藤が攻撃を操る

 前節のサガン鳥栖戦は後半アディショナルタイムに途中出場の長沢駿のヘディングシュートが決まり、劇的な逆転勝利で今季初のホーム連勝を飾ったG大阪。今節はそのホームの地を離れて磐田戦を戦う。

 1stステージでの対戦では遠藤保仁をトップ下で起用する中で、攻撃が活性化を見せて逆転勝利で白星を手にした磐田戦だが、今回の対戦では前節に引き続き、遠藤はボランチで起用することが濃厚。トップ下には、前節まで夏風邪のためやや体調を崩していた大森晃太郎を含め、圧倒的な運動量とドリブルに迫力を魅せる3人が並ぶことになりそう。1トップにはアデミウソン。その彼も含め足元の上手い選手が顔をそろえると考えれば、ボランチの遠藤を起点に多彩な攻撃が繰り広げられることになるだろう。

 もっとも、前節で決勝ゴールを挙げた長沢を先発で起用したとしても、献身的な守備力と足元の上手さ、高さを生かして存在感を示してくれるはずだが、前節同様、後半、攻撃で畳み掛けたい時の“切り札”として今回もベンチスタートにした。それはパトリックも同様で、ここ最近は個人プレーに走りつつあった彼も、ようやく“組織の駒”であることへの自覚を取り戻しつつある。そこを意識しながらピッチに立つことになれば、間違いなく相手に脅威を与えてくれるに違いない。なお、守備陣はリオ五輪代表選手の離脱後、固定されている顔ぶれに。2試合ぶりの完封を期待したい。(totoONE編集部)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO