FOLLOW US

川崎FW小林の6戦連続弾、G大阪MF阿部の鮮やかミドルなどが選出/J1・2nd第6節ノミネートゴール

湘南戦で6試合連続ゴールを決めた川崎FW小林悠 [写真]=清原茂樹

 Jリーグは30日、2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節のノミネートゴールを発表した。

 今節のノミネートゴールは、柏レイソルのFWディエゴ・オリヴェイラがゴール左上に突き刺した逆転ゴール、川崎フロンターレのFW小林悠が右CKに合わせたヘディングシュートを選出。また、ガンバ大阪のMF阿部浩之が右足で決めた鮮やかなミドルシュートも選ばれた。

 J1セカンドステージ第6節のノミネートゴールは以下のとおり。

ディエゴ・オリヴェイラ(柏) 7月30日 ジュビロ磐田戦(71分)

小林悠(川崎) 7月30日 湘南ベルマーレ戦(60分)

阿部浩之(G大阪) 7月30日 サンフレッチェ広島戦(52分)

 各節のノミネートゴールは、インターネットでのファン・サポーターによる一般投票で決定。各節ごとに上位3ゴールが選出される。また、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によるノミネートゴールも選ばれ、全ノミネートゴールからJリーグ選考委員が月間ベストゴールを決める。

 なお、月間ベストゴールを対象に、表彰選考委員会により最優秀ゴール賞が決定され、12月に開催する2016Jリーグアウォーズで発表・表彰される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA