2016.07.29

【予想スタメン】守備に課題の福岡、2戦連発の仙台FWウイルソン阻止が勝利のカギ

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節
7月30日 18:30 アビスパ福岡 vs ベガルタ仙台(@レベルファイブスタジアム)

■アビスパ福岡 仙台2トップをいかに抑えるかがポイント、ウェリントン復帰はプラス要素

 2nd第5節のサガン鳥栖戦で逆転負けを喫した福岡は、再び残留ラインから遠ざかった。連勝中と勢いのある仙台との一戦になるが、ここで勝ち点を積み重ねなければ、戦況はますます厳しくなるだろう。「ホームなので、とにかく勝つことが大事」と駒野友一。その駒野は今節を前に、仙台の2トップを要注意人物に挙げた。

 福岡にとっては、仙台の2トップをいかに抑えられるかが、守備でのポイントになるだろう。駒野は自分たちの攻撃時にも「残っている2人に対して人数をそろえておくこと」をポイントとして挙げ、一方、ボランチの三門雄大は「ウイルソンは(福岡の)右サイドに流れることが多いので、そこを警戒したい」と語った。福岡は3試合連続で前半を無失点に抑えており、井原正巳監督は「オーガナイズした時の守備は計算できるようになった」と手応えを話している。2トップに加え、「攻守にハードワークする」(井原監督)という両サイドの梁勇基と奥埜博亮を抑え、前半を無失点で折り返すことがカギになる。

 攻撃面では、駒野、三門の加入で、カウンター以外のパターンを増やしつつある。しかし、ボール支配率を高めることができないため、後半に運動量が落ちることが多く、スペースを突かれて失点することも多い。三門を中心に、そういった点を改善できれば、勝ち点を増やしていくことができるだろう。

 メンバー面では、戦線離脱していたウェリントンが練習に合流しており、復帰も近そう。一方、ダニルソンは24日の練習試合で再び故障し、今節の出場は難しそうだ。(新甫條利子)

■ベガルタ仙台 今季2度目の3連勝をかけた一戦、パブロ・ジオゴのJデビューは間近か

 前節で湘南ベルマーレを破り、リーグ戦での連勝を達成した仙台。今季はまだ3連勝は一度しかないが、さらに上の順位を目指すためにもこの連勝を伸ばしたい。

 その3連勝がかかる福岡戦は、仙台よりも暑いアウェーでの戦いとなる。夜のゲームではあるが、相手に“走り勝つ”のか、それともペースを上げるポイントを押さえて“メリハリ”を重視するのか。気温差に対応できるようになるための対策が問われる。

 また、今季の福岡との公式戦の対戦は、これが3度目となる。1st第11節の対戦ではセットプレーからの2発で仙台が勝利したが、あの時とは互いに状況が違う。システムも顔ぶれも変わった福岡に対し、仙台はどう対抗するか。前回対戦時は“秘密兵器”だった若手選手が台頭してくれば面白いが、24日のサテライトリーグ湘南戦で仙台は1-2で敗れている。先発メンバーを脅かす選手が出てくることが望まれる。

 しかしその中にあって、7日に加入したブラジル人パブロ・ジオゴは調子を上げている。スピードに乗ったドリブルを武器にしているこの選手は、サテライト湘南戦で得点。公式戦での出場に備えている。今節こそ、Jデビューがありそうだ。

 また、連勝によって攻守ともにチームが自信を得ていることも、プラス材料だ。攻めては、復活したウイルソンが2試合連続ゴール中。守っては、前節に1stステージ第15節以来の無失点勝利を果たした。この勢いを続けたい。(totoONE編集部)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る