2016.07.13

浦和がリーグ戦5連勝…興梠の劇的決勝弾で仙台にアウェーで競り勝つ

興梠慎三
試合終了間際に決勝弾を奪った興梠慎三 ©J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節が13日に行われ、ベガルタ仙台と浦和レッズが対戦した。

 仙台はセカンドステージに入って、川崎フロンターレ、ガンバ大阪相手に3失点を喫して連敗スタート。ファーストステージ終了時から、年間順位を2つ落とした12位に位置している。スタメンは前節のG大阪戦と全く同じで、2トップにはハモン・ロペスや梁勇基らが名を連ねた。

 一方の浦和は、セカンドステージは2連勝でファーストステージからの連勝は4に伸びている。前節は槙野智章が出場停止で欠場していたが、代役の那須大亮の奮闘もあり、柏に2-0と7試合ぶりの完封で勝利を飾った。先発メンバーは前節のスタメンから槙野と那須を入れ替え、柏木陽介や興梠慎三らが入った。

 浦和は6分に最初のチャンスを迎える。左サイドから宇賀神友弥が低いクロスを入れる。こぼれ球を拾った関根貴大がエリア外右から左足でシュートを放ったが、GK関憲太郎にキャッチされた。

 浦和は27分、柏木の縦パスを受けた槙野がヒールキックで流す。このパスで左サイドを武藤雄樹が抜け出すと、エリア内左から左足でシュート。ゴール右下を捉えたが、GK関がセーブした。前半はこのまま終了し、スコアレスで折り返した。

 後半に入って50分、ハモン・ロペスのパスを受けた藤村慶太が右足を振りぬく。ボールはわずかにゴール左に逸れて、枠を捉えることができない。

 63分には浦和が決定機を迎える。エリア内中央で味方が打ったシュートのこぼれ球がエリア内でフリーになっていた李忠成の足元に入る。右足を振りぬいたが、GK関の好セーブに阻まれた。

 先制点を奪いたい両チームが選手交代を行う。浦和は70分に関根に代えて駒井善成、72分に武藤に代えて青木拓矢を投入。仙台は72分に藤村に代えて菅井直樹、79分には梁勇基に代えてウイルソンをピッチに送り込んだ。

 後半アディショナルタイム3分に均衡が破れる。柏木のスルーパスにエリア内右に抜け出した興梠が、飛び出してきたGKの頭上を抜く右足のシュートでゴールをこじ開け、浦和が先制に成功する。

 このまま試合は終了。浦和が1-0で勝利し、リーグ戦5連勝を飾った。対する仙台はセカンドステージ3連敗となった。

 次節、仙台は17日に敵地でアルビレックス新潟と、浦和は同日に大宮をホームに迎えて対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 0-1 浦和レッズ

【得点者】
0-1 90+3分 興梠慎三(浦和レッズ)


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る