FOLLOW US

【予想スタメン】神戸は負傷者続出も好調を維持…渡邉千真、得意の鳥栖戦で今季2点目を狙う

これまで鳥栖と対戦した7試合で9点を決めているFW渡邉千真 [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 決定力不足に悩み、開幕戦以降は白星なし

 前線からのプレスを中心にした守備で、相手のパスワークを封じた前節の川崎フロンターレ戦。試合を支配して何度も決定機を作り出したが、この試合でも決定力不足を露呈した。結局、ゴールを奪えず、試合終了間際に失点して敗戦を喫した。

 この試合をマッシモ・フィッカデンティ監督は「良いサッカーができていると感じている。それに値しない結果になっているが、我慢して続けてやっていきます」と前向きに話し、「そろそろ結果を届けないといけない」と続けた。

 U-23日本代表候補合宿に参加した鎌田大地が、練習試合でアシストして好調をアピール。さらには今季2アシストを記録している吉田豊が復帰するなど、プラス材料は多い。

 フィッカデンティ監督は今節の神戸戦に向けて、「自分たちで決められるだけの力はあると思うので、しっかり準備して必ず良い結果が出るようにやっていきたい」と気丈に話した。

 開幕戦以来、未勝利の鳥栖だが今季のホームゲームは未だ負けなしというプラス材料を味方につけ、今節こそ勝ち点3をつかみ取るつもりだ。だが、直近の公式戦4試合連続で75分以降に失点中。失点自体は多くないものの、時間帯が悪く、試合運びのつたなさを露呈している。さらに、神戸にはFC東京時代から昨季まで7試合で9点を献上した渡邉千真がいる。勝ち切るためには試合運びの改善に加え、彼を止めることが求められる。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
キム・ミヌ
高橋義希
チェ・ソングン
鎌田大地
FW
豊田陽平
岡田翔平

■ヴィッセル神戸 前節は今季初の無失点、ルーキー小林も遜色ない働きぶり

 前節のホーム、アビスパ福岡戦は引き分けたものの、公式戦5試合負けなしで5位につける神戸。その福岡戦では今季初の無失点で終え、守備面は安定しつつある。

 だが、第5節の湘南ベルマーレ戦でのレアンドロの負傷に続き、福岡戦では小川慶治朗もけがで戦線を離脱。攻撃の形が見え始めていただけに残念な部分も大きいが、福岡戦ではレアンドロに代わって入った石津大介、小川と交代で入った大卒ルーキーの小林成豪が両選手の不在を感じさせないほど躍動。得点こそ奪えなかったが、得意のドリブル突破でチャンスメイクしてみせた。メンバーを変更してもピッチに“同じ絵”を描ける今の神戸は、大崩れしないように思われる。

 強いてマイナス材料を挙げるなら、古巣対決となる神戸の新司令塔、藤田直之のクセを相手が理解している点。自陣の悪い位置で鳥栖にボールを奪われるようなら苦戦を強いられかねない。また、神戸はセットプレーおよびクロスボールから5失点している点も課題。鳥栖には豊田陽平や谷口博之、キム・ミンヒョクらヘディングの強い選手もいるため、警戒が必要だろう。左サイドバック三丸拡の積極的なアーリークロスも要注意だ。

 とはいえ、6-3で大勝した第2節のアルビレックス新潟戦でも分かるように、神戸は撃ち合いの展開に強い。逆に甲府戦や福岡戦のように引いた守備を崩しきれない面もあるが、ホームの鳥栖が引いて守るとは考えにくく、神戸が本領を発揮する素地はある。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋祥平
岩波拓也
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
小林成豪
三原雅俊
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
石津大介

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA