2016.04.08

【予想スタメン】連敗脱出へ、士気高く臨む甲府と湘南…元同僚対決も見所

栃木時代にチームメイトだったパウリーニョ(左)とクリスティアーノ(右) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ヴァンフォーレ甲府 キャプテン山本の出場停止に不安、堅守を保てるか

 湘南とは昨季、ナビスコ杯を入れて3度対戦。1勝2敗と負け越したのだが、いずれも前半から内容で圧倒したチームが敗戦。サッカーの難しさを再認識させられる対戦だった。

 今季ここまでの得失点差は、両チームとも「-4」だが、甲府はリーグ最少得点タイ、湘南はリーグ最多失点と、内容は大きく異なる。今回、甲府はチームの中心である山本英臣が出場停止で、土屋征夫も負傷のため欠場。これまでのリーグ戦と3バックの顔ぶれが大きく変わるが、守備の堅さを保つことができるか。逆に攻撃に関しては、付け入る隙がありそうだ。このところ吉野峻光が攻撃の良いアクセントになっており、その起用方法や投入タイミングにも注目したい。

「湘南がプレッシャーに来るところを、ウチは前線にロングボールを入れて、相手の3バック裏のスペースを使いたい」(佐久間悟GM兼監督)ことから、今節は収まりどころとしてニウソンの先発復帰が濃厚だ。水曜日のナビスコ杯では、新加入FWのチュカが途中出場。まだコンディションが万全ではないことが明らかとなったものの、ニウソンの立場からしてみれば、発奮材料になることは間違いない。

 また、クリスティアーノとパウリーニョは、栃木SC時代のチームメイトであり、親友と認め合う間柄。対戦を心待ちにしており、こちらも士気は高い。甲府サポーターにとっては、稲垣祥と下田北斗の同期対決も、実現が楽しみなマッチアップだろう。(渡辺功)
 
■甲府予想スタメン
5-4-1
GK
河田晃兵
DF
橋爪勇樹
新井涼平
畑尾大翔
松橋優
田中佑昌
MF
黒木聖仁
ビリー・セレスキー
稲垣祥
クリスティアーノ
FW
ニウソン

■湘南ベルマーレ 新戦力がチーム内競争を活性化、待望のリーグ戦初勝利を目指す

 前節のヴィッセル神戸戦、湘南は幸先良く先制したが、前半のうちに逆転を許し、終盤のパワープレーも及ばずに1-2で敗れた。続く水曜日のナビスコ杯大宮アルディージャ戦では、神戸戦からメンバーを入れ替えて臨み、前半をスコアレスで折り返すも、後半に失点して0-1で黒星を喫した。リーグ戦に限れば現在2連敗中、開幕からまだ勝利がなく、複数失点も続いている。

 公式戦の勝利はナビスコ杯の名古屋グランパス戦のみと、ここまでの結果を見れば流れは良くない。ただ、黒星の中にも好材料はある。神戸戦では端戸仁が初めてフル出場を果たし、チームとしても積極的な攻撃姿勢とともに今季最多となる15本のシュートを記録した。ナビスコ杯大宮戦では、GKタンドウ・ベラピや高卒ルーキーの神谷優太が初先発を刻み、先日加入した長谷川アーリアジャスールも途中出場して、それぞれプレーに特徴を散りばめた。もちろん決めるべきを決める、守るべきを守るといった、ディテールの追求は欠かせないが、チーム内の競争と切磋琢磨は続き、コンディションも全体的に高まっている。

 今節で対戦する甲府との通算成績は18勝8分12敗と湘南に軍配が上がるが、甲府もまたリーグ戦4戦勝ちなしと厳しい戦いが続いているだけに、互いに気持ちのこもるタフな一戦となろう。粘り強い守備とカウンターに強みを見せる甲府に対し、湘南は持ち前の攻撃姿勢とともにゲームを主導したい。先制点の重みは言うまでもないだろう。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-6-1
GK
タンドウ・ベラピ
DF
島村毅
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
石川俊輝
パウリーニョ
菊池大介
下田北斗
高山薫
FW
藤田祥史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る