2016.04.08

【予想スタメン】攻撃面に課題抱える仙台とG大阪…両エースの奮起に期待

仙台のウイルソン(左)とG大阪のパトリック(右) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ベガルタ仙台 ケガ人相次ぐGKは石川がJ1初出場か、カップ戦では好プレーを披露

 仙台はJ1リーグ戦で連敗中、しかも主力に負傷者が相次いでいる。このチーム状態でG大阪と対戦する今節は、踏ん張りどころと言えそうだ。

 梁勇基、金久保順という攻撃的MFが一度に抜けているのも厳しいが、GKはより深刻な状況。開幕スタメンの六反勇治に続き、後を受けて安定したパフォーマンスを続けていた関憲太郎もケガで離脱。石川慧がJ1リーグ戦では初めてスタメンを飾ることになる。新しい守備陣のセットは連係を深め、経験不足を補う必要がある。

 攻撃陣にしても、なかなか複数得点が生まれていない。2列目に回ると思われる奥埜博亮や、先発のチャンスをつかんだ水野晃樹には積極的な仕掛けを期待したいところだ。

 一方で、この不安材料は、好材料に転じる要素も多く含む。石川慧は6日のナビスコ杯でJ1公式戦初スタメンを飾り、1失点したものの決定機を何度も防いで自信を得た。この一戦をさらなる成長のチャンスとできるか。

 また、ナビスコ杯を休んだウイルソンや金園英学ら攻撃陣は、ACLを経たG大阪に対してフレッシュな状態で襲い掛かることも期待できる。彼らが相手陣内の高い位置で仕事ができる状態を、何度でも作りたい。

 G大阪は仙台にとって、昨季のホーム最終戦で1-3と敗戦し、悔しい思いをした相手でもある。再び巡ってきたホームゲームでの対戦機会で、借りを返さなければならない。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
石川慧
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
水野晃樹
富田晋伍
三田啓貴
奥埜博亮
FW
金園英学
ウイルソン

■ガンバ大阪 連敗脱出へ、守備の陣容にてこ入れか

 3月11日の大宮戦以降、公式戦4連敗中と苦しんでいる。6日に行われたACLの上海上港戦でも完全に相手の力に屈し、0-2で完敗。グループステージ首位通過の可能性は絶たれた。

 特に不安視されているのは相変わらず爆発の見られない攻撃力。その上港戦は、「今は我慢してコンビネーションが上がってくるのを待つしかない」という長谷川健太監督の思いもあってだろう、その前の横浜F・マリノス戦から2試合同じ顔ぶれで臨んだ。ただ、前半こそ何度か好機を見出したものの、後半は相手に押し込まれる展開となり攻撃も停滞。迫力を欠いた。

 そのことも含め、試合後には長谷川監督もメンバー変更を示唆していたが、今回の先発はあえて、その上海戦と同じメンバーを予想した。これは、仙台戦を前にすべての練習が非公開で『変化』を予想しづらかったという理由もあるが、横浜FM戦の内容が決して悪くなかったからだ。アデミウソンは試合を重ねるごとに周りとのフィットを見せつつあり、その中で宇佐美貴史らと決定機を作り出している。もちろん、阿部浩之や長沢駿らの状態も悪くないが、宇佐美、パトリック、アデミウソンにゴールが生まれなければ、チームの調子も上がってこないだけに、先々を考え、今は我慢して使い続けるのも得策だろう。

 一方、守備は疲労や失点が続いている流れから、てこ入れを予想。ケガから復帰し、上海戦でベンチ入りしたオ・ジェソクを起用する可能性もあるだろう。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-5-1
GK
東口順昭
DF
オ・ジェソク
今野泰幸
西野貴治
藤春廣輝
MF
井手口陽介
遠藤保仁
アデミウソン
倉田秋
宇佐美貴史
FW
パトリック

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る