2016.04.02

FC東京、森重2発&平山の復活弾で名古屋に逆転勝ち…最後は10人で逃げ切る

森重真人
名古屋戦で2得点をマークした森重真人 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第5節が2日に行われ、FC東京と名古屋グランパスが対戦した。

 前節、FC東京は鹿島アントラーズに敵地で0-2と敗戦を喫し、リーグ戦の連勝は2でストップ。スタメンには前田遼一、阿部拓馬、森重真人らが名を連ねた。また、ハ・デソンが初めて先発メンバーに入り、Jリーグデビューを飾った。一方の名古屋は前節のベガルタ仙台戦に2-1で勝利し、リーグ戦4位と好調。しかしながら、3月に行われたヤマザキナビスコカップ・グループステージでは大宮アルディージャ、湘南ベルマーレを相手に連敗を喫している。2トップにはリーグ戦チームトップの3ゴールを挙げているシモビッチ、今季初先発となる野田隆之介が入った。

 試合序盤は、両チームなかなかチャンスを作れない展開が続いたが、14分にFC東京が最初のシュートシーンを生み出す。エリア外中央でボールを受けたハ・デソンがエリア内右の東慶悟にパス。相手DFをかわして左足で狙ったが、上手くミートできずゴール右に外れた。

 名古屋が最初のシュートで試合を動かす。17分に獲得した右CKを田口が右足でクロスを供給。相手DFがクリアしたボールをファーサイドで野田が収めると、相手DFをかわして右足でシュートを放つ。これが竹内彬に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 1点を追うFC東京は26分、右サイドでボールを受けた米本拓司が右足で丁寧にクロス。エリア内中央に飛び込んだ前田が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。40分、右CKから米本がマイナス気味に速いボールを入れる。森重が右足ボレーで合わせたが、ゴール上に逸れた。

 43分、FC東京に決定機が訪れる。左CKの流れの中で、森重が竹内にエリア内中央で倒されてPKを獲得。森重が自らキッカーを務め、ゴールど真ん中に蹴り込んで試合を振り出しに戻した。前半は1-1で折り返す。

 後半に入って48分、FC東京がチャンスを作る。阿部が前田とのパス交換でエリア内左に侵入すると、ヒールパスで東に落とす。右足を振りぬいたが、ボールはGK楢崎正剛の正面をついてしまう。

 対する名古屋は52分、野田のスルーパスで永井がエリア内左に抜け出す。角度のないところから左足で狙ったが、枠を大きく外れた。

 58分、FC東京はハ・デソンに代えて橋本拳人を投入する。すると64分、エリア外中央で米本からパスを受けた橋本がドリブルで相手DFを1人かわして右足でシュートを放ったが、相手DFに当たってゴール左に逸れた。

 さらにFC東京は68分に2枚目の交代カードを切る。河野広貴に代えて平山相太が入った。直後の70分、平山が早速結果を残す。阿部からのスルーパスを受けると、上手くボールを運んでシュートコースを作り、左足でゴール左に流し込んだ。これが平山にとって2014年7月のJ1リーグ第17節ベガルタ仙台戦以来の得点となった。

 リードされた名古屋は73分、シモビッチが頭で落としたボールをエリア内中央からダイレクトで明神智和が右足で打ったが、ゴール上に外れた。76分に名古屋が同点に追いつく。エリア内右から矢野貴章が右足で柔らかいクロス入れる。エリア内中央で永井謙佑が打点の高いヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。

 追いつかれたFC東京が再びリードを奪う。81分に獲得した左CKからがクロスを供給。中央で森重が頭で合わせると、GK楢崎の手を弾きながらボールはゴールネットに吸い込まれた。

 しかしながら86分、森重が田口に対して危険なスライディングをすると、レッドカードの判定を受けてしまう。FC東京は残り時間を10人で戦うこととなった。

 終盤は名古屋が攻勢に出たが、試合はこのまま終了し、FC東京が3-2で名古屋を下した。FC東京はリーグ戦2試合ぶりの勝利、敗れた名古屋は公式戦3試合勝ちなしとなった。

 FC東京は6日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節で江蘇舜天(中国)と、10日にJ1リーグ第6節で柏レイソルとそれぞれ敵地で対戦。名古屋は6日にヤマザキナビスコカップ・グループステージ第3節で鹿島を、10日にJ1リーグ第6節で大宮をそれぞれホームに迎える。

【スコア】
FC東京 3-2 名古屋グランパス

【得点者】
0-1 17分 竹内彬(名古屋)
1-1 43分 森重真人(PK)(FC東京)
2-1 70分 平山相太(FC東京)
2-2 76分 永井謙佑(名古屋)
3-2 81分 森重真人(FC東京)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る