2016.04.01

【予想スタメン】G大阪、ケガから復調のアデミウソンを軸に横浜FMの堅守を崩せるか

古巣との対戦となるG大阪のアデミウソン [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ガンバ大阪 古巣対決に挑むアデミウソン&藤本のコンビネーションは見所

 ゼロックススーパーカップに始まった8連戦後、約2週間の中断期間を過ごしたG大阪。日本代表の東口順昭、藤春廣輝、宇佐美貴史こそ代表の活動で休むこはできなかったが、その他のメンバーは久々に身体にたまった疲労を回復させることができた。また、ケガから復帰後、なかなかコンディションのフィットが見られなかったアデミウソンもここにきて復調。長谷川健太監督も「この期間でコンディションも上がってきた。試合までに問題がなければ起用できる状態にある」と話しており、古巣戦への出場は十分に考えられそうだ。

 となれば、あわせて出場を期待したいのが藤本淳吾だ。先発予想メンバーからは名前を外したが、昨年は同じ横浜FMでプレーしていたからだろう、加入時からアデミウソンとの息のあったプレーを見せている。ここまで2人そろっての公式戦出場は1試合にとどまっているが、出場となれば、アデミウソンとともに攻撃を加速させ、『古巣』を苦しめてくれるに違いない。

 守備は、鎖骨骨折で離脱していた丹羽大輝が練習に復帰したが、今節の出場は難しそう。それゆえ、ここまで安定したパフォーマンスで守備を支えてきた今野泰幸、金正也をセンターバックに予想したが、ボランチの井手口陽介が好調をきたしていることも含め、守備に不安はない。と考えても、カギはいかに横浜FMの堅守を打ち破れるか。公式戦2連敗中の嫌な空気を払拭する快勝を期待したい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
今野泰幸
金正也
藤春廣輝
MF
阿部浩之
井手口陽介
遠藤保仁
宇佐美貴史
FW
アデミウソン
パトリック

■横浜F・マリノス 新外国人のカイケとマルティノスがJデビューを飾るか

 前節のサガン鳥栖戦は中町公祐のミドルシュートが決まり、2-1で競り勝った。2試合連続複数得点で2連勝中。その後のナビスコ杯では若手主体のチームが川崎と0-0という接戦を演じ、チームのムードは向上している。

 今節の注目は、新しく獲得した2人の外国人FWだ。まずワントップがブラジル1部フラメンゴより加入したカイケ。スペースを突く動きがうまく、シュートセンスがある。昨秋以来、久々の公式戦となるが「コンディションは問題ない。良いトレーニングができている。チームも個人も良い状態だ」と自信を示す。もう1人はルーマニア1部ボトシャニでプレーしていたキュラソー代表のマルティノス。右MFで先発予定の左利きアタッカーは、183センチの長身でリーチが長く、ドリブル突破とクロスが武器。来日してまだ2週間もたたないが、明るい性格で周囲とコミュニケーションを図り、「良い雰囲気でやりたい」と笑顔で話す。両者ともコンディションや戦術理解度はまだ完璧ではないだろうが、トップ下の中村俊輔がどう操って攻撃を活性化させていくか期待したい。

 日本代表帰りの齋藤学は感覚が研ぎ澄まされているはずで、2戦連発中のルーキー富樫敬真はベンチで勝負の時を待つことになりそうだ。G大阪とは3試合勝ちがなく、2戦連続ドロー中。チームは第4節まで無失点がなく、計4失点。昨季まで所属していたアデミウソンをはじめ、パトリックや宇佐美貴史といった相手攻撃陣をどう封じるかにも注目だ。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
中村俊輔
齋藤学
FW
カイケ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る