2016.04.01

【予想スタメン】カップ戦で今季初白星を挙げた湘南、神戸戦は過去7勝7分2敗と好相性

リーグ戦初勝利を目指す湘南 [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■湘南ベルマーレ ナビスコ杯で名古屋に粘り勝ち、勢いのままリーグ戦初白星を目指す

 スコアだけを見れば相手の快勝だったかもしれない。浦和レッズと対戦した前節、湘南は0-2で敗れた。開幕から4試合連続で複数失点を重ね、片や無得点は今季初めてのことだった。失点の背景には自分たちのミスも絡んでいた。

 要所で垣間見せた隙は、今後への反省材料に違いない。シュートまで至らず逆にカウンターを許す場面もあった。ただ反面、前線に始まる積極的なボールへのアプローチをはじめ、次に繋がる内容もまた浦和戦には多分に含まれていた。

 そうして迎えた先週末は、名古屋グランパスとアウェーでナビスコ杯予選を戦い、1-0で今季公式戦初勝利を挙げた。コンパクトフィールドを保ち、カウンターはもとよりシュートも容易に相手に許さず、粘り強く今季初の無失点ゲームを演じた。攻撃でも連動してリズムを手繰り寄せ、終盤セットプレーから決勝点をもぎ取った。

 再びリーグ戦に戻る今節は、神戸をホームに迎える。近年は引き分けも多い両者だが、過去の対戦成績は湘南の7勝7分2敗と悪くない。破壊力ある神戸の攻撃陣に対し、個々の球際の争いを含め、先手を奪いたいところだ。

 開幕当初は個人差が見受けられたコンディションも、現在は全体的に上がっている。逆に言えば、前線の組み合わせ然り、誰が出てもおかしくない状態にある。攻守に献身する菊地俊介の長期離脱という衝撃が走る中、名古屋戦で手にした初勝利の流れをそのままに、勝利で新年度をスタートさせたい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
村山智彦
DF
島村毅
坪井慶介
三竿雄斗
MF
藤田征也
石川俊輝
パウリーニョ
菊池大介
大竹洋平
高山薫
FW
藤田祥史

■ヴィッセル神戸 公式戦3連勝中、ブラジル人2トップが絶好調

 チーム平均スプリント回数(224回)と平均走行距離(123.8㎞)で現在J1リーグ1位を記録している湘南。対する神戸はスプリント回数8位(173回)、平均走行距離17位(112.8㎞)で、“走力戦”なら湘南に分がある。だが、それだけでサッカーが決まらないのは、現順位(神戸6位/湘南16位)が物語っている。

 しかも、神戸はナビスコ杯で2連勝し、リーグ戦と合わせて3連勝中と勢いもある。湘南も直近のナビスコ杯で今季の公式戦初勝利を挙げて上昇気運が高まりつつあるが、現時点では神戸の方が一枚上と言える。

 とはいえ、神戸に不安材料がないわけではない。今季まだ完封した試合がなく、直近の鹿島アントラーズ戦も4-0から相手に1点を献上してしまった。ボランチの藤田直之も「無失点で終われなかったのが残念」とコメントしているように失点には課題がある。特に、ここ2試合ではセットプレーからやられており、今節も一つのポイントになりそうだ。

 だが、藤田と三原雅俊のボランチの関係性が試合を追う毎に向上しており、藤田が2列目から攻撃に参加するなど、攻撃のバリエーションも増えてきた。しかも、レアンドロとペドロ・ジュニオールのブラジル人フィニッシャーが絶好調。特にペドロジュニオールはリーグ戦で2得点、カップ戦で3得点とゴール嗅覚が研ぎすまされている。失点しても、取り返せるのは心強い。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋峻希
岩波拓也
伊野波雅彦
相馬崇人
MF
小川慶治朗
三原雅俊
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
レアンドロ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る