FOLLOW US

1年でのJ1復帰逃したC大阪…大熊監督「選手たちは良く頑張った」

1年でのJ1復帰を逃したC大阪の大熊監督 [写真]=白井誠二

 セレッソ大阪は、6日に行なわれた2015 J1昇格プレーオフ決勝でアビスパ福岡と対戦し、1-1の引き分けで終了した。この結果、レギュラーシーズンを4位で終えたC大阪は1年でのJ1復帰を逃している。チームを率いる大熊清監督が試合後の会見に臨んだ。

 試合は60分、関口訓充とのパス交換で抜け出した玉田圭司が、福岡GK中村航輔との1対1で股を抜き、ゴールネットを揺らした。このままC大阪の1点リードで終盤に突入。J1昇格が決まる勝利が近づいていたが、87分に福岡のカウンターから、最後は中村北斗に決められて同点とされた。勝ち越しが必要なC大阪は最後まで反撃を試みるが、このまま1-1で終了。掴みかけたJ1昇格は、目前で手中から滑り落ちた。

 大熊監督は、「スポンサーの方、ファン・サポーターの方に応援をいただき、この場、この時間、この試合を与えていただいて本当に感謝をしております」と伝えると、「選手たちは良く頑張ったし、主導権を握って自分たちのサッカーをやり通してくれたと思う」と選手の労をねぎらった。

 一方、「最後の最後、ほとんど時間がない時に、もう少しコントロールができれば良かったし、全体的な逆に守備のバランスが崩れた所もあったかもしれない。セレッソの底力というものが少し足りなかった分、こういうことになったという所もある」と指摘。「それを見直し、チームとして積み重ねをしっかり作って、次の目標にしっかりと向かっていくことが大切」と、来期以降を見据えて語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO