FOLLOW US

長谷川監督は切り替えを強調…終盤浴びた逆転弾は「必要ない失点」

G大阪を率いる長谷川監督 [写真]=白井誠二

 明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦が2日に行われ、ガンバ大阪は本拠地万博記念競技場でサンフレッチェ広島と対戦し、2-3の敗戦を喫した。試合後、G大阪を率いる長谷川健太監督が記者会見に臨んだ。

 試合は、G大阪がFW長沢駿とDF今野泰幸のゴールにより2-1でリードして終盤を迎えるも、86分にDFオ・ジェソクが退場すると流れは一変。後半アディショナルタイムに2点を失い、広島に劇的な逆転勝利を許した。

 長谷川監督は、「ホームで第1戦で勝てなかったことは非常に残念」と敗戦を悔やむも、「第2戦に向けて切り替えてやっていくことが大事になる」と第2戦に集中する姿勢を示した。長沢の先発起用に関しては「120分戦った後だったので、フレッシュな長沢を使おうということだった。点も取ったし、アグレッシブに戦ってくれた」と、コメントしている。

 終盤に失点を重ねたことについては、「リスタートから1発やられて2-2にされて、少し落ち着きがなくなってしまった。3点目は与える必要のない失点、もったいない失点だった」と振り返り、「ただ、それも現状の力だと思うので、中2日で切り替えて次の試合に臨みたい」と、切り替えることが大事だと強調した。

 第2戦は5日に敵地エディオンスタジアム広島で開催。ホームで3点を失ったG大阪は、2点差以上または4得点以上での勝利が優勝の条件となる。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA