2015.10.17

さらなる活躍に意欲…500試合出場のG大阪MF遠藤「まだまだ伸ばしたい」

遠藤保仁
G大阪に所属するMF遠藤保仁 (写真は2月のゼロックス杯・浦和戦のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は、17日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節で、浦和レッズと対戦し、2-1で勝利を収めた。J1通算500試合出場を達成したMF遠藤保仁が試合後にコメントを残した。

 試合は、G大阪が7分に阿部浩之のゴールで先制すると、59分にも途中出場の長沢駿が追加点を獲得。終盤に浦和の猛攻にあい、後半アディショナルタイムに失点するが、1点差を守り切り、2-1で勝利を収めた。

 歴代最年少となる35歳で500試合出場を達成した遠藤は、「みんなの支えがあってこその500試合」と感謝を示すと、「まだまだ(出場数を)伸ばしたいし、チームに貢献したい」とさらなる活躍に意欲を見せた。

 さらに同選手は試合を振り返って、「非常に難しい試合でした。勝ち点3を取れましたし、最後危ない場面もありましたが、みんなが踏ん張ってくれた」とチームメイトを称賛。阿倍の先制点について、「非常にいいゴールだった」とコメントすると、自身がアシストした長沢のゴールについては、「長沢が良いところに走ってくれましたし、それも見えていたので、途中から入った選手がゴールを決めてくれると、僕らも嬉しいです」と語った。

 G大阪は、前節終了時に年間首位だった浦和を撃破し、セカンドステージ4位に浮上。年間順位は4位で変動なしだが、3位のFC東京と勝ち点差「2」に迫った。遠藤は、「僕らは負けたら終わりなので重要な試合でしたし、残りの3試合も全て大事なので、勝って望みを繋げていきたい」と語り、サポーターには「次も勝ちます」と連勝を誓った。

 ガンバ大阪は、10月21日に万博記念競技場で行われるAFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦で広州恒大と対戦。25日にリーグ戦第15節でベガルタ仙台とのアウェー戦に臨む。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る