FOLLOW US

【予想スタメン】神戸には最近4試合勝ちなしの鹿島、“鬼門”突破でタイトルに近づけるか

鹿島は今節から神戸と3連戦となる [写真]=Getty Images

ヴィッセル神戸 鹿島との相性は良し、ネルシーニョ監督の采配にも注目が集まる

 2ndステージだけで、今季2度目の3連敗。しかも、それまで順位の近かったFC東京、新潟、名古屋に対し、ミス絡みの自滅でことごとく敗れ、上位入りへの道も遠のいてしまった。しかし、ここで失速してはいられない。まずはJ1残留を確実にするためにも、そして一つでも順位を上げるためにも、ホームで連敗を止めたい。

 そこで迎える10月は、リーグ戦とナビスコ杯準決勝2試合を含めて、鹿島との大事な3連戦が待っている。その第1弾となるノエビアスタジアム神戸で行われるリーグ戦では、2ndステージ優勝争いを繰り広げる強豪との難しい一戦となるが、鹿島には昨季から公式戦3勝1分(リーグ戦2勝1分)と負けていないだけに、その相性の良さも発揮したい。そのためにも、求められるのはハードワーク。前節では、J1の中でも運動量が少ないとされる名古屋にさえ走り負けていたが、8月の第7節川崎戦や第9節鳥栖戦で見せていた勝利への執念、泥臭さを、今一度見せる必要があるだろう。

 明るい話題は、けがで戦列を離れていたレアンドロ安田理大が全体練習で元気な姿を見せていること。レアンドロの復帰で、ペドロ・ジュニオールもさらに前線で躍動することが期待される。また、韓国代表に選出されたチョン・ウヨンも、代表による離脱前の試合ということもあり、意気込みは強い。今週2度の非公開練習を行ったネルシーニョ監督がどのような采配を見せるか、楽しみなところだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
徳重健太
DF
岩波拓也
北本久仁衛
高橋祥平
MF
奥井諒
チョン・ウヨン
三原雅俊
相馬崇人
FW
森岡亮太
レアンドロ
ペドロ・ジュニオール

鹿島アントラーズ 土居が3試合ぶりに先発復帰、攻撃活性化なるか

 土居聖真が9月12日のホームで行われたG大阪戦以来、3試合ぶりに先発復帰することが濃厚。1日の練習で行われた紅白戦で、主力組の2トップに入った。「相手のプレッシャーになる最初の1点目が大事」という若きスピードスターが、攻撃を活性化させる。

 中村充孝は8月16日の仙台戦以来、6試合ぶりの先発復帰となる可能性が高い。「結果を残します」と、スタメン定着のためにも強い意気込みで臨む。テクニックに優れた中村が入ることについて、土居は「攻撃のバリエーションが増える。良さを引き出し合いながらやりたい」と話しており、前線のコンビネーションに注目が集まる。

 7日、11日にはナビスコ杯準決勝で再び神戸と相見える。今回の対戦は“前哨戦”という意味合いもある。チャンピオンシップ出場のためにも、2ndステージの優勝は逃せない。タイトル獲得が義務づけられている鹿島にとって、ナビスコ杯のタイトルも軽視はできず、あくまでも“二兎”を追いつづけるためにも、絶対に3連戦の初戦は落とせない。

 気掛かりはファン・ソッコのけが。1日の練習でも別メニューで調整しており、欠場が濃厚で、ベテランの青木剛が穴を埋める。神戸とはナビスコ杯も含めると最近4試合勝ちなし(1分3敗)。ただ、タイトル獲得のためには“鬼門”は避けて通れない。ノエビアスタジアム神戸のピッチは決して良い状態ではなく、プレーにどの程度の影響を与えるかも心配される。(totoONE編集部)

■鹿島予想スタメン
4-4-2
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
昌子源
青木剛
山本脩斗
MF
遠藤康
小笠原満男
柴崎岳
中村充孝
FW
土居聖真
金崎夢生


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO