2015.09.11

【予想スタメン】神戸は“鬼門”味スタ攻略なるか…好調の渡邉が古巣対決に挑む

公式戦最近4試合で5ゴールと好調の渡邉(右) [写真]=Getty Images

■FC東京 J1通算200勝に王手をかけるも、約1カ月勝利なし

 J1通算200勝に王手をかけながら、リーグ戦2試合を引き分け、足踏み状態のFC東京。続いて開催されたナビスコ杯では、日本代表の森重真人、丸山祐市、オーストラリア代表のネイサン・バーンズを欠く中で、準々決勝敗退に終わった。直近の公式戦4戦、約1カ月にわたって勝利がなく、チーム状態は下降と見られても致し方ないだろう。

 ただ、今節は森重、丸山、ネイサン・バーンズの3選手が復帰。コンディションは万全ではないはずだが、CBを担う森重と丸山がもたらす安定感、そして攻撃の起点としての役割にも期待したい。

 一方、ナビスコ杯では中島翔哉、橋本拳人、奈良竜樹ら、若手の台頭があり、平山相太も徐々にフィジカル面をアップ。試合勘も取り戻しつつある。今節は中島が出場停止のため、攻撃オプションの低下が懸念されるが、マッシモ・フィッカデンティ監督は、「平山の状態がさらによくなれば、間違いなくチームの力になる」と信頼を寄せている。

 今節の結果によって、神戸と順位が入れ替わるだけでなく、年間順位を保つためにもまさに正念場となる一戦だ。ただし、榎本達也がナビスコ杯で「先制を許すとゲームプランが崩れてしまう」と省みたように、今節もいかに攻め急がず、失点を抑える時間を長くできるかがカギ。膠着した状況になったとしても、太田宏介のキックを活かしたセットプレーを強みとして、勝機を見出したい。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-3
GK
榎本達也
DF
徳永悠平
森重真人
丸山祐市
太田宏介
MF
羽生直剛
高橋秀人
米本拓司
FW
前田遼一
河野広貴
ネイサン・バーンズ

■ヴィッセル神戸 けが人多く選手層に不安も、チーム状況は右肩上がり

 8月最後のJ1・2nd第9節の鳥栖戦で、クラブのJ1最多得点記録となる7ゴールを決めて、鳥栖に大勝。その勢いを持った中で臨んだナビスコ杯準々決勝でも、ネルシーニョ監督の古巣である柏に対して、2戦合計4-3と競り勝ち、クラブ初のナビスコ杯ベスト4入りを達成。さらに、森岡亮太や相馬崇人らをベンチに温存した天皇杯でも、J3の長野に5-0と圧勝。この2週間では次々と成果を出しているだけに、その良い流れをリーグ戦再開となる第10節FC東京戦でも発揮したい。

 たしかに現状を見れば、小川慶治朗、ペドロ・ジュニオール、安田理大、高橋祥平ら主軸を負傷で欠くなど、台所事情が苦しいところもある。韓国代表戦で活躍した主将のチョン・ウヨンも、レバノンから帰国後、すぐにリーグ戦再開にあわせる強行軍を強いられる。それでも、鳥栖戦からの公式戦最近4試合で5ゴールを決めている渡邉千真をはじめ、攻撃陣は好調。守備でも、岩波拓也や山本海人らを中心に、粘り強く戦えている。増山朝陽が天皇杯でプロ初ゴール、山口真司がナビスコ杯でプロ初アシストを決めるなど、若手に勢いが出てきている点も明るい材料だ。

 FC東京戦は、今季最初の対戦でも0-2と敗れ、味の素スタジアムでのアウェー戦では過去1度しか勝っていないが、ここにきて右肩上がりのチーム状態を見せるべく、古巣対決に挑む渡邉を筆頭に、アグレッシブに勝ちにいきたいものだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
山本海人
DF
高橋峻希
岩波拓也
増川隆洋
相馬崇人
MF
三原雅俊
チョン・ウヨン
渡邉千真
森岡亮太
石津大介
FW
レアンドロ

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る