2015.05.09

【予想スタメン】疲労以外に大きな穴はなし…ACL城南FC戦逆転勝利で波に乗るG大阪が広島戦勝利を狙う

ACL城南FC戦で逆転勝利を収め、勢いに乗るG大阪 [写真]=Getty ImagesImages

■サンフレッチェ広島 連戦最終戦、森保監督の起用法にも注目

 連戦がスタートした4月18日のFC東京戦で逆転勝ちして以来、広島は白星をズラリと5つ、カップ戦も入れれば6つ、きれいに並べている。リーグ5連勝中の数字を並べると9得点2失点で2試合連続完封。平均シュート数でも13.8本と被シュートの8.2本/平均を大きく上回る。ACL組が1試合少ないため暫定ではあるが3位まで浮上。G大阪に勝利し浦和、FC東京が引き分け以下ならば暫定ではあるが首位に浮上。G大阪と引き分けても浦和とFC東京が敗れれば、首位に立つ可能性もある。

 とはいえ、G大阪とは昨年の公式戦で4試合戦い、1分3敗で現在3連敗中。特にナビスコ杯決勝では2点差をつけながらパトリックの「規格外なフィジカル」(森保一監督)によって粉砕され優勝を逃した経緯もある。相手も広島に対する「やりやすさ」は感じているだろうし、長谷川健太監督が講じる「広島対策」も万全。ACLで城南相手に逆転勝利を果たし、勢いに乗るG大阪を相手に勝点をつかむのは、容易ではない。

 川崎戦ではほとんどの時間帯を彼らにボールを握られ、開幕戦以来続けていた二桁シュートが9試合連続でストップ。もちろん、相手のボール保持技術は高いのだが、それ以上に連戦と移動の蓄積の疲労が溜まっていることは否めず、それが運動量の低下と判断の遅れにつながっていた。仙台戦で主力にかわって出場した選手が成果をあげただけに、森保監督の起用法には注目である。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
Gk
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
水本裕貴
MF
清水航平
青山敏弘
森崎和幸
柏好文
ドウグラス
野津田岳人
FW
佐藤寿人

■ガンバ大阪 広島には昨季4戦無敗と好相性

 4月半ばから始まった連戦の7試合目。言うまでもなく、疲労は蓄積されているが、直近のACL城南FC戦で勝利し、グループ首位で決勝トーナメント進出を決めた事実はその疲労を軽減してくれるはず。今節の広島戦を戦う上でも大きな力となるだろう。また、その城南FC戦はけがで先発を回避した岩下敬輔は戦列復帰の見込み。それに伴い、右サイドバックには城南戦で試合途中から右サイドバックを預かった丹羽大輝を据えることになりそうだ。

 昨年はJ1リーグのみならず、天皇杯、ナビスコ杯と、広島とは4度対戦。中でも記憶に新しいナビスコ杯決勝では、2点のビハインドを追いかける展開の中、見事な逆転劇で栄冠を手にした。その一戦も含め、4試合を3勝1分と負けなしで乗り切った事実は少なからず自信になっている。もちろん、裏を返せば広島はその屈辱を胸により大きな気迫をもって臨んでくるはずだが、今のG大阪に『疲労』以外の大きな穴は見つけられない。もちろん、広島は現在リーグ戦5連勝中と勢いを見せているだけに厳しい試合になるのは必至だが、勝ち点でも僅差で競り合う相手だけに負ける訳にはいかない。

 また、前節のJ1リーグ浦和戦では7試合ぶりに黒星を喫したG大阪だが、今季のJ1リーグは2ステージ制での短期決戦だけに連敗は是が非でも避けたいところ。2連勝中のEスタで、首位ににじり寄る勝ち点3を手にしたい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン 
4-4-2
GK
東口順昭
DF
丹羽大輝
金正也
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
倉田秋
今野泰幸
遠藤保仁
大森晃太郎
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る