2015.05.01

【J1・1st第9節予想スタメン 浦和vsG大阪】首位浦和と勝ち点1差のG大阪が激突…昨季優勝争いを演じた両者の“因縁対決”は激戦必至

G大阪の宇佐美は、クラブ記録を更新する7試合連続ゴールに期待が懸かる [写真]=Getty Images

■浦和レッズ 2連敗中のG大阪相手に、選手のモチベーションは十分

 J1・1stで首位を走る浦和が大きな関門を迎える。勝ち点1差で2位につけるG大阪との対戦。昨シーズン優勝を争い、最後にかわされた因縁の相手との激突となる。

 昨年の第32節、浦和は勝てば優勝という状況で迎えたG大阪戦で0-2の黒星を喫し、大事なラストスパートの局面で失速していった。そしてリベンジを誓った今年のゼロックス・スーパーカップでも同スコアで返り討ちにあった。そういった悔しい思いを積み重ねているだけに、選手たちのモチベーションは相当高い。

 浦和はACLとの連戦を考慮したターンオーバー制を敷いたことにより、開幕から毎試合のように前線トライアングルの組み合わせを変えてきた。その弊害として前線の連係がなかなか成熟しないという問題点があったが、ここにきてメンバーが固まりつつある。特にボールの収まりが良くて起点になれる1トップのズラタン、巧みなポジション取りとドリブルでアクセントをつけられる武藤雄樹は日に日に存在感を高めている。中2日の試合となるため再びターンオーバーする可能性はあるが、彼らは途中からでもピッチに送り出されるだろう。

 G大阪との対戦で気をつけたいのは彼らの鋭いカウンターだ。過去2戦では不用意なボールロストから手痛い一撃を食らっている。リーグ無敗で首位を走る浦和だが、名古屋戦でも甲府戦でもリスクマネジメントの甘さからピンチを招くシーンがあった。同じようなことをG大阪戦でもするようであれば、宇佐美貴史、パトリックはその隙を見逃してはくれないだろう。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
武藤雄樹
高木俊幸
FW
ズラタン

■ガンバ大阪 首位奪取なるか、エース宇佐美の7戦連続ゴールに期待

 首位浦和のホーム、埼玉スタジアムに乗り込んでの上位決戦。連戦による疲労は否めないが、上位決戦を前に選手の士気は高まっている。かつ、公式戦8連勝中の勢いも選手の背中を強く押している。今節も死力を尽くし、勝利を目指すことだろう。

 昨年末のJ1リーグ終盤戦での決戦に続き、今年のゼロックス・スーパーカップも0-2と、対浦和戦には2試合連続完封勝利中のG大阪。前節の松本戦は決してG大阪らしい戦いではなかったが、苦しい状況ながらも試合巧者にたち、エース宇佐美貴史がきっちりとゴールを決めて勝利を奪い取った姿は、ある意味、J1王者らしい強さを示した試合だった。その宇佐美には今節、クラブ記録を更新する『J1リーグ7戦連続ゴール』の期待が寄せられており、本人も「過去6人、6試合連続ゴールを決めた選手がいるということは、7試合目に高い壁が待っているんだと思う。そういう未知の領域にチャレンジできるのは光栄だし、それを決めれば記録更新もできる。その響きは嫌いじゃない」と気合い十分。しかも、彼がゴールを決めたG大阪での公式戦は、26勝4分と負けなしということからも、G大阪を勝利に導くゴールを期待したいところだ。

 一方で心配なのはディフェンスラインにけが人が多いこと。前節の岩下敬輔に続き、今節はサイドバックの米倉恒貴の欠場が濃厚。総力戦となりそうだ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
小椋祥平
丹羽大輝
金正也
藤春廣輝
MF
倉田秋
遠藤保仁
今野泰幸
大森晃太郎
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る