2015.03.21

【J1第3節予想スタメン 横浜FMvs鳥栖】攻撃陣の奮起が待たれる横浜FM、公式戦3連勝で勢いに乗る鳥栖を止められるか

今季初白星を目指し、ホームで鳥栖と対戦する横浜FM [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス 守備陣の立て直しは好材料、攻撃陣の奮起に期待がかかる

 ここまで奪ったゴールはリーグ開幕戦の右サイドバック小林祐三の1得点だけで、公式戦3試合未勝利。攻撃陣の不振が深刻だ。アデミウソンと栗原勇蔵以外の先発メンバー9人を変更して戦ったため比較は難しいが、18日のナビスコ杯仙台戦でもゴール前の精度を欠いて0-1で敗れた。

 それでも、中3日で続く3連戦の最終戦に向けてメンバーを温存できたことはプラス材料。これ以上の出遅れを避ける上でも勝ち点3がほしい一戦となる。トップ下の中村俊輔とラフィーニャを欠く陣容は依然として苦しい。救世主として注目が集まるU-21ブラジル代表FWアデミウソンは来日初ゴールなるか。アデミウソン自身はこれが3連戦となるが、プレー時間を確保したことで試合勘やコンディションは良好という。齋藤学や兵藤慎剛、藤本淳吾と絡んで幅のある攻撃を見せ始めており、得点の気配が漂ってきた。

 昨季リーグ戦最少失点を誇った守備陣の修正も明るい材料。開幕戦は3失点を喫したが、第2節のFC東京戦では球際で強さを発揮するファビオの活躍もあって被シュートは2本。あとは、良い守備を良い攻撃へとつなぐことができるかどうか。ニッパツ三ツ沢球技場では通算74勝9分44敗と大きく勝ち越しており、無得点試合は「29」とのデータも心強い。まずは新監督の記念すべき1勝目を奪い、反撃へ転じたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
ファビオ
中町公祐
藤本淳吾
アデミウソン
兵藤慎剛
FW
齋藤学

■サガン鳥栖 公式戦3連勝と好調、“鳥栖らしさ”を発揮して結果を残す

 リーグ戦、ナビスコ杯とホーム3連戦を3連勝で飾った鳥栖。いずれの試合も相手に押し込まれる時間帯はあったものの、鳥栖らしく体を張って最後まで粘り強く守り切った。攻撃でもチャンスと見るや全員が前線に顔を出していく“鳥栖らしさ”が出ている。連勝でチームの勢いは加速しているが、それでも選手たちは「勝っているが、まだ課題はあるので修正して次の試合に臨みたい」と気持ちを引き締める。森下仁志監督も「どんな相手や場所だろうと、自分たちらしさを出すだけ」と一戦必勝の構えを崩さない。この一貫した姿勢が鳥栖の武器だ。

 横浜FMとの対戦成績は3勝3分で、5得点5失点と全くの五分。しかし、公式戦3連勝の勢いをそのまま持ち込めば、鳥栖らしい試合運びで勝利に近付けるはずだ。谷口博之、水沼宏太、丹羽竜平と横浜FMのアカデミー出身選手も多く、「気合いの入る相手」(谷口)と彼らのモチベーションも高い。今季初のアウェーゲームに中3日で臨むことは、ハードワークがベースの鳥栖にとって不利な状況。しかし、ナビスコ杯第1節の松本戦には、前のリーグ戦から先発を7人入れ替えて臨んだため、疲労の影響も少ないだろう。唯一の心配は3連勝による過信だが、前述したようにむしろ気持ちを引き締めているため、万全の状態でこの試合に臨めるはずだ。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
キム・ミンヒョク
チェ・ソングン
MF
谷口博之
藤田直之
ペク・ソンドン
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る