2014.10.24

【J1第30節予想スタメン 神戸vs大宮】前節敗戦も大宮のチーム状態は上向き、持ち前の“残留力”で勝ち点奪取なるか

勝ち点31で14位に位置する大宮 [写真]=Getty Images

ヴィッセル神戸 リーグ戦5試合勝利なしとペースダウン

 10月に入って勝利がなく、リーグ戦でも最近5試合で3分2敗と失速。悲願のリーグタイトル獲得が絶望的となっただけでなく、3位川崎との勝ち点差も9に広がり、初のACL出場権獲得も厳しい状況となっている。リーグ戦残り5試合となったなか、なんとか意地を見せてクラブ最高順位の9位を上回り、そして上位戦線に少しでも割って入りたいところだ。

 そのなかで、今節はJ1残留争い中の大宮をホームに迎える。前節は上位の鹿島を相手にスコアレスドロー。ただ、徳重健太河本裕之らの奮闘もあり、10試合ぶりの無失点を記録したことは、チームにとってポジティブな要素と言えよう。守備の改善ができつつあるなか、その流れを維持し、攻撃にも連動させたいところだ。だからこそ守備では河本、攻撃ではペドロ・ジュニオールといった古巣対決となる攻守のキーマンに大きな期待がかかる。

 大宮戦では、直近リーグ戦4試合負けなしで、前回対戦はマルキーニョスペドロ・ジュニオール森岡亮太のゴールで3-0と快勝した。しかし、当時と現在の大宮のチーム状況は別物であり、本来の堅守を取り戻した相手は神戸にとって脅威。今季の反省点を踏まえて、焦らずに戦うことが求められる。得意のホームゲームで立て直しを図り、終盤戦での反攻に期待したい。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-2-3-1
GK
徳重健太
DF
高橋峻希
河本裕之
増川隆洋
相馬崇人
MF
シンプリシオ
チョン・ウヨン
ペドロ・ジュニオール
森岡亮太
小川慶治朗
FW
マルキーニョス

大宮アルディージャ 前節敗戦もチーム状態は上向き

 ミッドウィークに行われたホームでの横浜FM戦では終了間際に決勝点を決められ、最低限欲しかった勝ち点1を逃す悔しい結果となった。しかし、チーム状況は悲観すべきものではない。団子状態にある残留争いの中で14位とギリギリではあるものの、23日の練習を見てもチームの調子は確実に上向いている。

 ただ、問題は試合の立ち上がりが悪いところだ。横浜FM戦でもその点が目立った。しかし、今の大宮は失点後にすぐに追いつき、さらに逆転するところまでの「地力」が身についている。ホームでの2連戦を振り返り、増田誓志は「合計勝ち点4を取れたのに……」と横浜FM戦の終了間際での逆転負けを悔やんだ。戦い方の改善ポイントに増田が挙げたのは、「(ボールを)取った瞬間に取られてしまう」というところ。この部分を改善できれば、自分たちの時間が増えるとも話している。横浜FM戦では、コンビネーションで2人、3人が絡んでサイドを崩す場面が見受けられたが、そこは相手にとって脅威となっているだろう。

 守備についても渋谷洋樹監督になってから格段に良くなり、個人ではなくチームとして明確な目的を持った守備ができている。そこについては選手の間からも昔は個人で戦っていたが、今はチームで戦っている手応えを感じるという声が多い。リーグ戦は今節を入れて残り5試合。毎年最終節に「優勝」も「降格」もドラマチックな展開となっていることは、選手たちも十分に分かっている。「最終節前までに残留を決める」という認識でチーム全員が一致している。今の大宮に迷いはない。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
北野貴之
DF
今井智基
横山知伸
高橋祥平
和田拓也
MF
家長昭博
カルリーニョス
増田誓志
泉澤仁
FW
ドラガン・ムルジャ
ズラタン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

名古屋
3pt
湘南
3pt
横浜FM
3pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る