2014.05.02

【J1第11節直前情報 徳島vs仙台】甲府戦でJ1初勝利を飾った徳島、次は連勝を狙う

前節、J1初勝利を飾った徳島ヴォルティス [写真]=Getty Images

■徳島ヴォルティス 勝利すれば、仙台に勝ち点で並ぶ

 遂にJ1初勝利を挙げた徳島。前節の甲府戦ではしっかりと守備を固め、相手を引き込みながら少ないチャンスで得点を挙げるというプランが機能した。勝利という収穫だけではなく、19本のシュートを放たれながらも、守備陣は無失点に抑えることができた。今季、公式戦全試合で複数失点していただけに、勝利以上に守備が機能したという点も、チームにとって大きな自信につながったはずだ。連戦が続く中で、集中して高いパフォーマンスを発揮できたということも大きい。

 さらに勢いに乗るために改善していきたい点としては、決定機を増やしていくことが挙げられるだろう。少ないチャンスをものにして、甲府戦は勝利したものの、シュート数はわずか2本にとどまった。チームでの得点が最優先というのはもちろんだが、勢いという意味ではFWの得点が期待される。高崎寛之やドウグラスの高さ、津田知宏の裏への抜け出しからの得点が待ち遠しい。

 そんな中、気になるのが疲労だ。90分間集中した試合運びをしているだけに、特に守備陣の負担は大きいことが予想される。しかし、良い形で初勝利を手にしただけに、メンタル面でカバーできる部分も多いはずだ。今節で勝利すれば、勝ち点で仙台に並ぶ。仙台とは得失点差が大きいだけに、順位の変動までは難しそうだが、それでもチームのモチベーションが高いことは間違いない。チームが勢いに乗るための材料は揃った。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
4-4-2
GK
31 長谷川徹
DF
4 藤原広太朗
26 橋内優也
2 福元洋平
28 李栄直
MF
10 クレイトン・ドミンゲス
16 斉藤大介
14 濱田武
20 大崎淳矢
FW
13 高崎寛之
9 ドウグラス

■ベガルタ仙台 不安材料は負傷者が多いこと

 仙台にとって今節最大の不安材料は、負傷者が多いことだ。腰の打撲で前節を欠場した鎌田次郎や、右脚付け根を痛めて同じく前節を欠場したウイルソンの復帰が待たれる。

 そして勝つために必要なのはゴールだが、仙台は今季リーグ戦でまだ4点しか取れておらず、攻撃力に不安を抱えている。クロスを上げたり、相手ゴール近くでシュートをしたりという形まで持っていく頻度は上がっているのだが、肝心のフィニッシュが決まらない。第7節で2得点した赤嶺真吾のゴールを最後に3試合連続無得点という状況を、攻撃陣の復活により抜け出したいところだ。

 仙台はまず、内容面で得た自信を、得点と結果につなげたいところ。前節の川崎戦では相手に押されていた時間帯にも、カウンターからシュートチャンスを作ることができた。良い時でも、悪い時でもシュートに持ち込めるようになった手応えは忘れないようにしたい。また、川崎戦では本職のボランチで先発出場のチャンスを得た武井択也が攻守に大活躍。仙台に新しい刺激を加える存在が、武井に続いて出てきてほしいところ。そして守護神の関憲太郎は前節、相手の決定機を何度も防いで自信を得た。GKは安定感が大切なだけに、今節も好調を維持したいところ。攻守のバランスの良さを結果に結びつけ、浮上のきっかけをつかみたい一戦に臨む。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
6 角田誠
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
27 武井択也
10 梁勇基
FW
24 赤嶺真吾
18 ウイルソン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る