2014.03.28

【J1第5節展望&予想スタメン】鳥栖vsG大阪 過去2戦は鳥栖が勝利、ホームで連敗ストップに意気込む

鳥栖はホームで連敗ストップなるか [写真]=清原茂樹

■サガン鳥栖 好相性のG大阪を下し、連敗ストップへ

 前節は圧倒的に攻め込みながら、新潟の守備をこじ開けることができずに連敗を喫した。ユン・ジョンファン監督も「ゴール前での未熟さが出た」と決定力不足を嘆いたが、数多くのチャンスを生み出していたこともあり、選手たちは内容に手応えを感じている。その点は明るい材料とも言えるだろう。ただ、現実として2試合連続無得点に終わっていることで、選手たちがそれを意識しているのも事実。得点という部分に関しては重圧も掛かってくるだろう。さらに、安田理大とキム・ミヌが形成する左サイドが強力なあまり、やや左右のバランスを欠いている。右サイドも使うような大きな展開が出てくれば、より良い攻撃をすることができるだろう。

 今節、ホームに迎えるG大阪には一昨年、2戦2勝と好相性ということもあり、この試合に臨むにあたってのイメージは良いはずだ。特に小学生のときからG大阪の下部組織で育った安田は初の古巣戦ということもあり、並々ならぬ闘志を燃やしている。いつも以上にパフォーマンスに期待ができるだろう。

 鳥栖にとっては開幕から連勝スタートを飾っただけに、3連敗で黒星先行になることだけは避けたい。開幕5試合で勝ち点9を奪えればスタートダッシュとしては成功の部類に入るだろう。3月最後の試合で月間の勝ち越しを懸けた試合は、開幕スタートダッシュの成否を握る重要な一戦になる。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
36 菊地直哉
2 キム・ミンヒョク
13 安田理大
MF
28 高橋義希
14 藤田直之
8 水沼宏太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

■ガンバ大阪 鳥栖撃破の鍵は左サイドにあり

 好調な守備が広島相手にPK以外ではチャンスを与えなかった上に、仙台戦でシュート1本に終わった攻撃陣も互角以上に渡り合うなど、チームは目指す方向性への手応えをつかみとっている。

「徐々に迫力が出てきている」と遠藤保仁が口にする攻撃陣が上向きなのは、今野泰幸と明神智和のボランチコンビが絶妙のバランス感覚を保っているため。縦の関係を意識しながら、明神が後方でリスク管理をすることもあり、今野は自由自在にピッチを躍動。中盤の組み立てもスムーズ感が増し始めた。

 コンディションが懸念された遠藤もナビスコ杯で温存されたこともあり、状態は上向き。広島戦でも先制点を叩き出すなど、攻撃面での存在感はやはり秀逸だ。

 ただ、シュート12本を放ちながらも、1得点を挙げるにとどまった攻撃陣はフィニッシュの精度に課題を残す。攻守で存在感を見せる阿部浩之にもそろそろ得点が欲しいところだ。リンスを軸に前線の連携は深まりつつあるが、G大阪の武器でもある藤春廣輝の攻め上がりがかなり警戒されている。その遠因は、2列目で起用される倉田秋がいまいち本調子でないことに尽きる。「僕が藤春を活かせていない」と本人が語るように、倉田のドリブルと藤春の攻め上がりで左サイドを効果的に崩したい。右サイドの加地亮は安田理大とのマッチアップに追われることが予想されるため、鳥栖戦では左サイドの活性化が不可欠だ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 東口順昭
DF
21 加地亮
8 岩下敬輔
5 丹羽大輝
4 藤春廣輝
MF
17 明神智和
15 今野泰幸
13 阿部浩之
7 遠藤保仁
11 倉田秋
FW
9 リンス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る