2014.03.28

【J1第5節展望&予想スタメン】C大阪vs新潟 攻撃陣が好調のC大阪、ホームでリーグ戦4連勝を狙う

フォルランら攻撃陣が好調のC大阪 [写真]=Getty Images

■セレッソ大阪 得意のホームで昨季2敗を喫した新潟を迎え撃つ

 首位の鹿島に今季初めて土をつけることに成功したC大阪。3連勝を達成して、2位に浮上。鹿島と勝ち点9で並んだ。長谷川アーリアジャスールに今季初得点、ディエゴ・フォルランにリーグ戦初ゴールが生まれれば、守備陣も山下達也、ゴイコ・カチャル、GKキム・ジンヒョンを中心に、粘り強い守備でダヴィらを封じて無失点。価値ある白星となったことは間違いない。

 今週、久々のオフもあり、リフレッシュできたイレブンは、新潟戦に向けても順調な調整を行っている。序盤戦躍進の立役者となっている南野拓実は、U-19日本代表のトレーニングキャンプに招集され、過密日程の最中にいるが、それでも、U-21日本代表戦でゴールを決めるなど、好調を維持。この19歳と、柿谷曜一朗、フォルラン、杉本健勇らが並ぶ攻撃陣には、今節も期待が掛かる。

 ただし、相手は、川又堅碁、田中亜土夢、レオ・シルバを筆頭に、ハードワーカーが揃う難敵、新潟。昨シーズンは苦戦を強いられ、3試合で2敗を喫しているだけに、今回も厳しい戦いが待ち受けているだろう。それでも、昨シーズン11勝1分1敗と、圧倒的な勝率を誇ったキンチョウスタジアムでの試合。『圧力鍋』と称されるような聖地で、桜色のサポーターの大きな後押しを背に、C大阪はリーグ戦4勝目、首位獲りを狙う。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 キム・ジンヒョン
DF
17 酒本憲幸
30 ゴイコ・カチャル
23 山下達也
14 丸橋祐介
MF
6 山口蛍
5 長谷川アーリアジャスール
20 杉本健勇
8 柿谷曜一朗
13 南野拓実
FW
10 ディエゴ・フォルラン

■アルビレックス新潟 C大阪戦の鍵はタイトな守備にあり

 前節の鳥栖戦で今季ホーム初勝利を収めたものの、試合後の柳下正明監督は不満げだった。相手エース・豊田陽平のシュートを簡単に許したからだ。特に「センターバックは相手の最も危険な選手をマークしなければならないのに、何回マークを外したか」と、怒りの矛先は舞行龍ジェームズ、大井健太郎のCB2人に向けられた。

 マンツーマンとまではいかないものの、“人をつかまえる”守備を柳下監督は強く求める。4人のアタッカーが流動的に仕掛けてくるC大阪の攻撃を考えれば、タイトな守備をどこまで取り戻せているかは重要なポイントだ。

 攻撃陣に目を向けると、U-21日本代表候補キャンプに参加していた鈴木武蔵が、発熱のため予定より早くチームに帰還。ナビスコ杯の徳島戦、リーグの鳥栖戦とプロ3年目にして初めて2試合連続フル出場を果たした疲れが出たか。

 一方で、2週間前に腰痛で一時的に戦列を離れていた田中達也、開幕で左ひざを打撲した川又堅碁のFW2人が、今週のトレーニングではキレのある動きを見せ、復調を印象付けているのは好材料である。

 第3節の甲府戦で田中亜土夢のCKから川又の素晴らしいゴールが生まれてはいるが、セットプレーはさらに強化したい部分。その意味で利き足の左から巻くボール、ストレートボールを自在に蹴り分ける加藤大は面白い存在だ。C大阪の強固な守備ブロックを切り裂くことも期待できるスルーパスも備える。途中出場で流れを変えるジョーカーとなれるか。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
19 キム・ジンス
MF
10 田中亜土夢
8 レオ・シルバ
18 成岡翔
16 岡本英也
FW
9 田中達也
20 川又堅碁

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る