2017.04.29

セルジオ越後氏が春の叙勲「旭日双光章」を受章 「スポーツの底力を感じました」

セルジオ越後
旭日双光章を受章することとなったセルジオ越後氏 [写真]=鷹羽康博
サッカー総合情報サイト

 政府は29日に春の叙勲受章者を発表し、サッカー解説者のセルジオ越後氏が「旭日双光章」に選出された。

 叙勲は長年にわたり公共や社会に功労があった70歳以上の方に与えられる勲章で、セルジオ氏は、功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた人に与えられる旭日章を受章することとなった。

 受章に際し、セルジオ氏は「喜びと驚きと同時に、改めてスポーツの底力を感じました。42年前、日本に来てから私を支えてくださった方々とともに、この受章の喜びを分かち合いたいと思います」と喜びのコメントを発表した。

 今年は日本人が4080人、外国人が105人、計4185人が叙勲を受章。「桐花大綬章」には、元総理大臣の森喜朗氏が選ばれた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
40pt
山口
39pt
町田
36pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
28pt
琉球
25pt
沼津
24pt
Jリーグ順位をもっと見る