2014.05.07

アジア初、横浜FMがアディダスの最新技術を導入…ミランやバイエルンも使用

横浜FM
7日、マリノスタウンにて『miCoach elite』のデモンストレーションが行われた

 横浜F・マリノスと、オフィシャルパートナーであるアディダス ジャパン株式会社は7日、選手たちのより質の高いコンディショニング管理とさらなるパフォーマンス向上を目的に開発された『miCoach elite(マイコーチ エリート)』システムを 2014 シーズンより導入することを発表した。

 同システムは、トッププロから一般ユーザーまでの、スポーツで成し遂げたい目標をサポートする adidas『miCoach』サービスの一つで、最先端のスポーツウェアラブルシステム。最高の肉体的パフォーマンスを発揮し、そのレベルの維持、競争力をつけるサポートをする。また、統合された単独のシステムを使用することで、チームはアスリートのパフォーマンスを正確にプラン、モニタリング、分析、報告ができるようになる。

 横浜FMへの導入がアジア初の試みとなる『miCoach elite(マイコーチ エリート)』は、(1)「プレーヤーセル」(2)「テックフィット」(3)「ベースステーション」(4)「Webアプリケーション」(5)「ダッシュボード」の5つの要素から構成される。

■「プレーヤーセル」
肩甲骨の間につける小型測定器で、トレーニング中のアスリートのパフォーマンスに関して主要な計測基準を取得する。データはベースステーションにリアルタイムでワイヤレス送信される。

■「テックフィット」
コンプレッションシャツで各プレーヤーがユニフォームやトレーニングウェアの下に着用する。肩甲骨の間に「プレーヤーセル」を入れるポケットがついており、データの「プレーヤーセル」に送信するための特殊繊維が組み込まれている。また、肋骨部分に心拍計測ができる装置も付いている。

■「ベースステーション」
最大30台の「プレーヤーセル」からデータを収集。Wi-Fiを介してリアルタイムにデータを「ダッシュボード」に送信できる携帯型送受信機。インターネットに接続することで、データをチームのセキュリティで保護されたサーバーにアップロードする。また、「プレーヤーセル」の記録装置および充電ポートとしても機能する。

■「Webアプリケーション」
トレーニングのデータ分析を簡単に行うツール。アスリートのパフォーマンスとワークアウトの強度に関する理解を深め、個人やチームのパフォーマンスを時間の経過とともに比較できる。

■「ダッシュボード」
Wi-Fiで「ベースステーション」に接続されているiPad上に、プレーヤーセルが取集したデータをリアルタイムに管理できるアプリケーション。

 すでに日本代表MF本田圭佑の所属するミランやバイエルン、MLS(メジャーリーグサッカー)の全クラブ、スペイン代表、ドイツ代表、コロンビア代表、メキシコ代表、アルゼンチン代表で導入されている。また、ラグビーなど他のスポーツでの活用も進んでいる。

 なお、『miCoach elite(マイコーチ エリート)』システムは、現在市販は予定しておらず、公式戦での使用も行っていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る