FOLLOW US

FC東京がACLノックアウトステージ進出…アダイウトンの先制弾でグループ2位を死守

FC東京とパース・グローリーが対戦した [写真]=Getty Images

 3日、AFCチャンピオンズリーグのグループステージ第6節が行われ、FC東京はオーストラリアのパースグローリーと対戦した。FC東京が所属するグループFはすでに蔚山現代のグループ首位通過が決まっており、残り一枠を同勝ち点で並ぶFC東京と上海申花が争う。今試合前の段階では、FC東京が得失点差0、上海申花が同-1とわずかな差でFC東京が2位につけている。

 目の前の相手だけでなく、同時刻に行われる上海申花vs蔚山現代の勝敗及び得失点差も気にしながらの戦いとなるグループステージ最終節。勝利を目指すFC東京は開始早々にスコアを動かす。8分、品田愛斗からのロングボールに抜け出したアダイウトンが左サイドから中央に持ち運び、そのままシュート。これがゴール右隅に決まり、貴重な先制点を獲得した。

 逆転負けを喫した前節の教訓を生かし、先制後も攻め手を緩めず追加点を狙いにいったFC東京だが、17分、ゴール前の混戦の中で内田宅哉が放ったシュートは惜しくも左ポストに弾かれる。その後は徐々にペースが落ち、1-0のままハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると、長谷川健太監督は57分に安部柊斗と原大智、さらに69分には高萩洋次郎とレアンドロを投入し、追加点を取りにいく姿勢を示す。76分にはアダイウトンが左サイドからボールを運び、中央にボールを供給。しかし、原が足を伸ばすも届かず、得点には至らない。結局、2点目こそ奪うことはできなかったものの、虎の子の1点を守りきったFC東京はグループ2位の座を維持し、グループステージ突破を決めた。

【スコア】
パースグローリー 0-1 FC東京

【得点者】
0-1 8分 アダイウトン(FC東京)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA