2016.01.26

ケルン・ファン、得点に興奮し柵から転落…試合前には警察車両も事故

ケルン
声援を送るケルンのサポーター(写真は昨年12月5日) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 23日に行われたブンデスリーガ第18節、FW大迫勇也が所属するケルン対シュトゥットガルト戦で、ケルンのファンが喜びのあまりケガを負ってしまった。25日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 この試合では開始19分にFWアントニー・モデステがゴールを決めてケルンが先制点を奪うことに成功した。同紙によると、喜びに沸く北側の席で同クラブファンの若い男性1人が興奮のあまり柵をよじ登り、バランスを崩してピッチ側へ転落したという。

 男性は顔に流血が見られたが、周囲の問いかけにはしっかりと応じ、自力で歩きながら2人の警備員に付き添われ、スタジアム内で処置を受けたようだ。

 しかしケルンで起きた事件はこれだけではなく、キックオフ前には警察車両がスタジアム付近にある高さ50センチほどのポールに激突。それなりにスピードが出ていたせいか、車の前部分が完全に壊れてしまい、レッカー車が出動する騒ぎになっていた。

 なお、先制したケルンはその後3点を奪われ、逆転負けを喫している。

欧州順位ランキング

チェルシー
31pt
リヴァプール
30pt
マンチェスター・C
30pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
30pt
ライプツィヒ
30pt
ヘルタ・ベルリン
24pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
33pt
バルセロナ
27pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
33pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る