2016.03.02

自身の特徴を理解しつつも願望を明かすスアレス「メッシの左足が欲しい」

ルイス・スアレス リオネル・メッシ
チームメイトのメッシについて語ったスアレス [写真]=Getty Images
傑出した個のチカラと、最先端の戦術を生み出すリーガ・エスパニョーラ。16-17シーズンも3強を中心に毎節最大5試合を放送!

 リーガ・エスパニョーラでは、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが“マドリード・ダービー”後にチームメイト批判とも取れる発言をしたことが話題となっている。その一方で、バルセロナに入団してからはすっかり問題を起こさなくなったウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、スペインの通信社『EFE』とのインタビューで、首位を独走するチームの雰囲気の良さを説明した。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシおよびブラジル代表FWネイマールとの“MSNトリオ”でゴールを量産しているスアレスだが、他のチームメイトとも非常に上手く行っていると実感しているという。

「見れば分かる通り、僕達はチームの皆と素晴らしい関係を築いている。スリートップの間だけではなく、全てのチームメイトとの間に笑顔と抱擁がある。僕達3人は試合前にプランなどは立てず、ピッチの上でプレーを楽しむよう心掛けているだけだ」

 スアレスはまた、メッシとネイマールの特別な能力を称賛しながらも、自分の特色を生かしてチームをサポートできていることに自信を見せた。

「自分はメッシのように5人もの相手をドリブルで抜き去ることはできない。また、ネイマールのようにとてつもない長い距離をスプリントしながら相手をスピードでかわしてしまうこともできない。とはいえ、僕は自分のプレースタイルやどうやってチームに貢献できるかを理解している」

 その一方で、「メッシやネイマールを羨ましいと思うことはあるか?」との質問を受けたスアレスは、正直な気持ちを告白した。

「できることならメッシの左足が欲しい。彼は驚嘆すべき唯一無二の選手だよ。また、ネイマールからは、スプリントやキックの能力、そして何よりも人々を喜ばせるプレーが欲しいね」

欧州順位ランキング

マンチェスターC
18pt
トットナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
Rマドリード
14pt
バルセロナ
13pt
Aマドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
15pt
ナポリ
14pt
インテルミラノ
11pt
欧州順位をもっと見る