FOLLOW US

ファン・デ・ベークは新天地での背番号に「34」を選択…その裏には親友との特別な絆が

マンチェスター・Uに加入したファン・デ・ベーク [写真]=Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドに加入したオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークは、新たな背番号を選んだ特別な理由を語った。2日、クラブが公式サイトで伝えている。

 アヤックスからマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍を果たしたファン・デ・ベーク。23歳のオランダ代表は、世界屈指のビッグクラブへの移籍に際して、新たな背番号に「34」を選択した。そのチョイスの裏には、アヤックス時代のチームメイトである元U-19オランダ代表MFアブドゥルハーク・ヌーリ氏の影響があったようだ。

 アヤックスに所属していたヌーリ氏は、2017年7月、試合中にプレーと関係のないところでピッチに倒れこんで意識を失った。心肺停止となったヌーリ氏は病院へ搬送され、なんとか一命は取り留めたものの、結果として脳に深刻な損傷を残し1年以上もの間昏睡状態に。2018年8月に目を覚まし少しずつ快方へと向かってはいるものの、プレー復帰は絶望的なものと見られている。

 ファン・デ・ベークは、現役時代に背番号「34」を背負った友人への思いを、マンチェスター・Uからのインタビュー内で語っている。

「これは僕にとって特別なものだ。僕の親友であるアブドゥルハーク・ヌーリは心臓発作を起こした。僕は彼の家族ともとても仲が良かったし、彼の兄弟とも親友で、彼らとよく話す。だから、彼の当時の番号をシャツに着けて、この番号で良い思い出を作りたいと思ったんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA