2016.03.11

【予想スタメン】横浜FM、齋藤と遠藤が浮上のきっかけを担う…9年ぶりの鬼門突破へ

saito
日本代表に選出された横浜FMの齋藤学[写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■アルビレックス新潟 コルテースが好調ぶりを発揮、修正力が問われる一戦に臨む

 ホーム開幕戦となる今節は、チームのメンタルタフネスが問われる。

 前節のヴィッセル神戸戦はミスから2点をリードされながら、指宿洋史の今季初ゴール、ラファエル・シルバの2試合連続ゴールで一度は逆転に成功。ところが「点を取りに行った。私自身、もう1点取れば試合を決められると感じていた」(吉田達磨監督)流れの中で、逆にカウンターとセットプレーから次々と失点。終わってみれば3-6の大敗だった。

 リードを生かしたゲームコントロール、セットプレーにおけるゾーンの守備と、浮き彫りとなった課題は試合をとおして結果を重ねていくことでしか克服はできない。日本を代表するプレスキッカーでもある中村俊輔はじめ、中澤佑二ら経験豊富でゲームの流れを読める選手を擁する横浜FM相手に、隙を見せない戦いが求められる。

 今週のトレーニングでは、当然ながら神戸戦から切り替えることが一つのテーマとなった。ショックを引きずりかねないところだが、吉田監督は「切り替えるのもプロの仕事」と選手の奮起を促した。

 大敗の中にもポジティブな要素は少なくない。2節を終えて挙げた5点はミーティング、トレーニングで準備してきた狙いが形となったもの。特に、昨年アシストなしに終わったコルテースが早くも3アシストをマークし、左サイドからの攻撃を活性化させているのは好材料だ。今季初のホームで大声援を力に変えて、チームとして修正力を見せる一戦となる。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-1-4-1
GK
守田達弥
DF
小泉慶
早川史哉
大野和成
コルテース
MF
小林裕紀
伊藤優汰
加藤大
レオ・シルバ
ラファエル・シルバ
FW
指宿洋史

■横浜F・マリノス ルーキー遠藤の先発が濃厚、若き力で鬼門突破を図る

 敵地で戦った前節のアビスパ福岡戦は、復帰を果たしたベテラン中村俊輔が値千金の同点FKを決めて、1-1のドロー。2戦連続無得点と、開幕2連敗を避けたという意味では大きい勝ち点1だ。横浜FMは、続くアウェーでの新潟戦で今季初勝利を目指す。

 待望の獲得内定が発表されたブラジル人FWカイケであったが、来日はまだで、出場は早くても第4節のサガン鳥栖戦。福岡戦では先制点を許した後、引いた相手を押し込んだ。チームはスピードを持ってディフェンスラインの裏を取る練習を繰り返しているが、最終局面での精度は課題が残り、今節はエリク・モンバエルツ監督の思い切った先発抜てきがありそうだ。

 10日のゲーム形式の練習では、日本代表候補合宿帰りで何かやってくれそうな雰囲気が漂う齋藤学が右MFへ移動。空いた左には、ユース出身でルーキーの18歳、遠藤渓太が先発組で調整し、プロ初先発が濃厚となった。

 1トップは、やはりユース上がりの新人、和田昌士と、大卒1年目の富樫敬真、そして前節までスタメンだった伊藤翔が入って練習するなど、2試合で1得点という攻撃陣はテコ入れを図る模様だ。中村もそのポテンシャルを認める遠藤が、思い切りの良いドリブル突破で攻撃を活性化させたい。

 ただ、敵地での新潟戦は鬼門だ。最後の勝利は6-0で勝利した2007年で、過去8シーズンの対戦成績は4分4敗。直近2年間は引き分けている。大黒柱の中村はコンディションを上げているようだが、早い時間の先制点で試合のペースを握る必要がある。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
中町公祐
齋藤学
中村俊輔
遠藤渓太
FW
伊藤翔

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る