2016.01.15

FC東京が新体制発表…城福監督「優勝にふさわしいチームと言われるように」

左からハ・デソン、柳、駒野、城福監督、水沼、阿部、秋元

 FC東京は14日、小金井宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)にて「2016新体制記者発表会 presented by 東京ガス」を開催した。約5年半ぶりに指揮を執る城福浩監督、新任の池田誠剛コーチ、新加入の駒野友一、阿部拓馬、秋元陽太、水沼宏太、ハ・デソン、柳貴博が登壇し、参加した400名のサポーターの前で新シーズンに向けての抱負を語った。

 大金直樹社長から新シーズンに向けてのスローガン「Challenge the TOP ~頂戦~」が発表され、新任スタッフ、新加入の選手たちが登場すると、場内の熱気は一層の高まりを見せた。

 AFC U-23選手権カタール2016に参加しているU-23韓国代表のユ・インスを除く、6名の選手たちがそれぞれに自らのプレースタイル、目標などを語った。FC東京U-18からトップチームに昇格した柳貴博は「ニックネームは“やっち”です」と昨夏にマインツ(ドイツ)に羽ばたいていったアカデミー出身の先輩である武藤嘉紀の“よっち”の愛称をもじって会場の笑いを誘った。

 さらにサガン鳥栖から加入した水沼宏太は「あのホームゲームで見た“シャー”ってやるやつをやりたい」とFC東京の勝利の儀式に名乗りを上げ、「今年の一番最初にできるようにしたい」と鼻息を荒くした。

 続いて2010年のシーズン途中までFC東京を率いた城福監督はチームのコンセプトとして「Action Football」を掲げ、同時に「サッカーは簡単なものではない。戦いの中で成長をしていこうと考えている。まずは目の前の試合にこだわりながら、いかに勝点を取れるかにこだわりながら、最後にアクションが多くなったな、優勝にふさわしいチームだなと言われるようにしたい」と理想を追求するとともにまずは結果に重きを置くことを誓った。

 今季はFC東京U-23としてJ3への参入が決まっている。会後の城福監督は「J1にもJ3にも出られない選手が毎節出てくることになる中で、それをハンドリングするのも勝負だと思っている。彼らの試合勘をいかになくさないか、モチベーションを保てるか」と課題を挙げつつ、「J3で若手を成長させながら、J1でどれだけ結果を出すか。これは誰も経験したことがない未知の世界。自分の挑戦にふさわしいと思っている」と新たなチャレンジに闘志を燃やす。

 FC東京は16日にチームが始動。1次キャンプが行われる沖縄でのニューイヤーカップ(1月24日、27日、30日)を経て、2月9日にはAFCアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフに臨む。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
13pt
東京V
12pt
徳島
12pt
Jリーグ順位をもっと見る
富山
9pt
福島
9pt
鳥取
7pt
Jリーグ順位をもっと見る