2014.12.20

札幌が元日本代表MF稲本潤一を完全移籍で獲得…MF小野伸二と同僚に

稲本潤一
札幌への加入が発表されたMF稲本潤一(右)[写真]=Getty Images

 コンサドーレ札幌は20日、元日本代表MF稲本潤一が完全移籍で加入することを発表した。

 稲本は、2010年から所属していた川崎フロンターレを今季限りで退団。去就に注目が集まっていた。札幌への加入に際し、稲本はクラブ公式HPを通じて「自分の持っているものを全て出し、コンサドーレ札幌のJ1昇格に貢献したいと思います。宜しくお願いします」とコメントしている。

 現在35歳の稲本は、ガンバ大阪の下部組織出身で、同クラブユース所属時の1997年に17歳でJリーグデビューを飾った。翌1998年にトップチームへ昇格し、1999年にはワールドユースで準優勝。2000年には日本代表で初出場を果たし、シドニー・オリンピックにも出場した。2002年の日韓ワールドカップでは2得点を挙げてベスト16入りに貢献し、W杯に3大会連続で出場している。

 札幌には、日本代表でともにプレーしたMF小野伸二が所属しており、J1昇格に向けて両選手の共演に期待が高まっている。

Jリーグ順位ランキング

浦和レッズ
41pt
神戸
35pt
川崎F
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
85pt
清水
84pt
松本
84pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
61pt
栃木
59pt
長野
52pt
Jリーグ順位をもっと見る